助成金・補助金 関連ニュース

助成金や補助金は経営を支援してくれる返済不要の資金。 経営者なら見逃す事は出来ないホットな情報もお届けします。


2017.09.25

 

芦屋の福祉法人前理事長告訴へ 補助金詐取容疑

[ 2017.09.25 朝日新聞DIGITAL より引用 ]

 

 

全国で保育園などを運営する社会福祉法人「夢工房」(兵庫県芦屋市)の前理事長が、補助金をだまし取った可能性が高いとして、同県姫路市は前理事長(懲戒解雇)を今月中にも詐欺の疑いで、県警に刑事告訴する方針を決めたとの事です。

 

夢工房が運営する「姫路保育園」は2013~2015年度、前理事長の母親を園長として登録。園長の勤務の約80%は架空勤務だったが、常勤の保育所長を置いた際に加算される補助金などを不正受給した疑いがあります。

不正受給額は約3,700万円に上り、市はうち数千万円が詐欺罪に問えるとみて額の特定を進めるそうです。

 

 

[コメント]

●池さんトコだけじゃないんですね。

全国で一斉捜査すれば、かなりの額が国庫に戻るかも。


2017.09.14

 

残業削減・休日増で中小向け助成金最大200万円 

[ 2017.09.14 日経新聞Web刊より引用 ]

 

 

厚生労働省は2018年度から、残業時間の削減に加えて休日も増やした中小企業に対して最大で200万円を助成する方針を打ち出しました。

 

 

[コメント]

現在実施されてる職場意識改善に関係する助成金の「時間外労働上限設定コース」は、『取組の実施に要した経費の一部を、成果目標を達成した場合に支給(上限50万円)』となっています。

これは、時間外削減を社内に告知するためのパンフレット等印刷費やタイムカードなどの購入費、外部コンサルを活用した際に支払った費用等の2/3(上限50万円)が、目標達成(H30年2月15日まで)した後、支給申請ができるものとなってます。ただ、金額が小さい事が原因なのか、私の知る限りでは取り組んでいる企業はありません。

新しい案では、しっかりインセンティブが機能して前向きに導入できる内容にしていただきたいものです。


2017.09.14

 

小規模の経営支援拡充 補助金1億円計上へ

[ 2017.09.14 静岡新聞より引用 ]

 

 

静岡県は、小規模企業の経営力向上を支援する本年度新設の補助金交付対象枠を大幅に拡充すると発表。

対象を当初計画比倍増の400件程度に増やすと9月補正予算案に、拡充分の経費1億円を盛り込みました。

 

同補助金は昨年制定した「中小企業・小規模企業振興基本条例」に基づく初の具体施策。新商品やサービス創出など自社にとっての新しい取り組みに、上限50万円(事業費の2/3)を支援するものです。

 

 

[コメント]

上限50万円の補助ですから、50万円を受給するには75万円以上の費用を要する計画が必要となります。

ただ、この金額(75万円)では、中・長期的に有効な設備や仕組みを導入するのは、事実上困難だと思います。

したがって「数百万円かかる計画のうち、50万円が補助」とした事になるのだと思いますが、個人的には採択件数を減らして受給額を増加させる方が良いのではないかと思います。ちなみに、応募された業種の上位はサービス業(42%)、小売業(19%)、製造業(18%)でした。


2017.09.04

 

サイバー攻撃対策で助成金導入を求める  大阪商工会議所

[ 2017.08.31 労働新聞 より引用 ]

 

 

大阪商工会議所は、「中小企業のサイバーセキュリティー対策強化に関する要望」を取りまとめ、政府関係機関へ提出しました。

要望では、サイバーセキュリティー対策を実施する企業への補助金制度の導入や税制優遇措置の実施を求めています。

 

サイバーセキュリティー対策を主導する情報処理推進機構(IPA)の活動が東京を中心に行われていることから、IPAの拠点を関西にも設置し、きめ細やかな対応・支援を実施できる態勢をつくることも要求しました。

 

 

[コメント]

関西は全てが首都圏より15テンポくらい遅いんですよね。。。