助成金・補助金 関連ニュース

助成金や補助金は経営を支援してくれる返済不要の資金。 経営者なら見逃す事は出来ないホットな情報もお届けします。


2017.06.16

 

補助金不正受給疑い 籠池前理事長 強制捜査へ

[ 2017.06.16 産経WESTより引用 ]

 

 

産経WESTによりますと、大阪地検特捜部は学校法人「森友学園」が受給した大阪府や国からの補助金について、不正があったとの疑いが強まったとして、6月18日にも強制捜査に乗り出す方針を固めた様です。

特捜部は今後、資料を押収して籠池前理事長らの立件に向けた捜査を進めます。

 

特捜部は国有地の売買を担当した近畿財務局に対する背任罪での

告発状も受理しており、国会も巻き込んだ森友問題の解明を

目指す方針だそうです。

 

 

[コメント]

籠池さんが不正したカモ事案

・勤務実態のない職員を雇用したとして経常費補助金約3,440万円を不正受給?

・「要支援児」の受け入れに関する補助金約2,740万円を不正受給?

・小学校建設工事費を約23億円と見積もりして国土交通省の補助金を申請。

 工事を約15億円で契約し、補助金約5,600万円(後に全額返還)を不正受給?

 

不正大魔王のクセに権力に対抗してたのでしょうか?

この人、ナニがしたかったのでしょう?


2017.06.14

 

雇用助成金詐欺 実質経営者に実刑判決

[2017.06.14 朝日新聞より引用]

 

 

「中小企業緊急雇用安定助成金(当時名称)」の受給に関して、虚偽の申請を行い約4,700万円をだまし取った「日本電機サービス」(現・日本スマートハウジング、東京都港区)の実質経営者(52)に対し、東京地裁が判決を言い渡したそうです。

 

結果は、懲役2年8ヶ月の実刑判決。

この会社は、架空の業務委託手数料を計上するなどして、法人税約1億1,900万円を脱税したとして、法人税法違反の罪にも問われており、こちらでは罰金2,800万円を命じられました。

 

 

[コメント]

やりたい放題の結果はミジメなものです。

 


2017.06.12

 

厚生労働省が勤務間インターバル制度検討 助成金の活用拡大も

[2017.06.12  労働新聞社 より引用]

 

 

厚生労働省は、勤務間インターバル制度を普及させるための具体的な検討に入った様です。労働時間等設定改善法の改正により一定の休息時間の確保を努力義務化するものです。

 

調査では、同制度を導入している企業割合は2%程度検討を予定している企業を含めても10%に満たない状況。

すでに導入済みの大手企業のケースを参考に制度設計する方針との事です。

また、今年度新設した助成金の活用拡大も図る。

 

 

[コメント]

残業時間を月単位や半期、年間単位で抑制するよりもインタ-バル制度をきっちりした方が、労使共に良い結果になると思います。個人的には。


2017.06.12

 

埼玉県 シニア世代活躍後押し企業に助成金

[2017.06.11  NHK より引用]

 

 

埼玉県は、定年を廃止や70歳以上に引き上げを行う企業に、最大で200万円を助成する制度を始めました。

 

県は、企業の人手不足の解消につなげるとともに、働く意欲があるシニア世代の活躍を後押ししようと、定年の見直しを進める県内企業を対象に助成金を支給するものです。

ただし、埼玉県内に主な事業所があるり従業員を30人以上雇っている事が条件となります。

 

このほか、希望者全員を定年後も70歳を超えて再雇用する場合は、最大で100万円を助成する制度も導入。

 

 

[コメント]

外国人移民で労働力を増やすのではなく、埼玉県の様な対策が日本向けだと思います。