学生アルバイトにノルマはダメ!

先日、A新聞サイトでアルバイトに関する記事を見かけました。

 

記事によると、厚労省が4月からアルバイトをする学生に「労働条件を確かめよう!」とのキャンペーンを初めているとのこと。

 

「ブラック企業」ならぬ「ブラックバイト」対策です。

 

きっと、長時間労働や危険な場所での作業強要、あるいは残業未払トカが問題になっているんだろうなぁ、などと想像しながら読み進めると、チョット違う例が紹介されていました。

そのアルバイトはコンビニの店員。

 

ところが、、、

 

・うな重やお中元、おでんなどに販売ノルマが課せられていた。

・家族や友達にも声をかけて目標達成しろとオーナーに言われていた。

・未達なら反省文、罰として勤務時間外ゴミ捨て場の掃除をさせられた。

・自腹購入がバイト仲間で常態化していた。

 

ちょっと呆れますね。

もちろん、コンビニの本部は「販売を強要するよう指示を出すことは一切ない」とコメント。

まぁ、間違い無いと思います。

 

しかし、相手が社会人ならまだしも、時給で雇用する学生アルバイトに売上を強要するなんて。

このオーナーさん、かなりダメな人なんでしょうね。

 

最近、首都圏では景気回復の影響なのか、アルバイトを含めて人手不足。

人件費は高騰していると聞きます。

 

でも地方では、あまりそんな話を聞きません。

逆に景気が悪くなっている感じさえします。

この問題となったコンビニも滋賀県。

 

政治家の皆さん、大企業に補助金を提供してソレを献金として回収する知恵が有るなら、もっと地方経済について考えていただきたいと思います。

 

ただし、どんなに景気が悪くても学生アルバイトに販売ノルマを課したり、自腹で商品購入をさせたり、目標未達成だからと言って罰を与えたりする経営は絶対にアカンです。 (シバシン)

続きを読む

一方の流れが細くなれば おのずと全体の流れは縮小する

私はほぼ毎日、さまざまなお客様のトコに訪問をします。
その際は、用事が済んでもスグに帰社しません。

お隣のビルに行き、今までご訪問をしたコトに無い会社さんへ、ご挨拶にうかがいます。
 

理由は明快。
1社でも多く当機構をご利用いただき、チャンスやメリットを得ていただきたいからです。(本心でありコレが仕事)

 

ただ初回の訪問では、なかなか社長さんやご担当者にお会い出来ません。
私の応対をしてくださる社員さん(パートさん?)の方は、私を「飛び込み営業」の人として見ていらっしゃるからでしょうね。
・・・と言うより、明らかにやってるコトは「飛び込み営業」

アポイント無しなワケですから当然です。

 

そんな私(飛込み営業)を最初に応対してくださる方に、私は訪問の趣旨をガッツリ説明します。

そして、「ぜひお渡しください」と言いながら名刺を手渡して帰るのです。

コレを繰り返していると、だんだん見えてきた(思う?感じる)事が。。。

 

それは、「最初にご応対いただいた方と社長さんはよく似ている」って事です。

 

当然ですが、突然の私の訪問に応対するのは面倒でしょう。

知らないオッサン(私)が、予告無しでやって来る事は、誰にとってもストレスです。

しかし、そのストレスに負けず、気持ちの良い対応をしてくださる方が基本的に大多数です。

日本は良い国です。

そして、そんな会社の社長さんは、ちゃんと敬語を使える常識人です。

 

後日、お会いするとほぼ100%の確率でまともであり、尊敬できる経営者です。
きっと社員さんは、日頃から社長さんを見てるので、それが普通なのでしょう。

 

一方、ストレス満開で煩(わずら)わしそうな表情をして応対されるケースもあります。
この様な会社さんの社長さんにお会いする事は基本的にありません。

窓口の方が100%私の存在を無かった事にされるからです。(多分)

名刺もゴミ箱に直行でしょう。(多分)

社長さんへの取次もなければ、報告もされないワケですから、私が社長さんにお会いする事はありません。

 

でも、稀に煩わしそうな応対の途中、奥からヌボォ~ッと社長さんが出て来るコトがあります。

低い声で「・・・なんやぁ~」不愉快オーラがビンビン私に伝わってます。


きっと、私が説明している内容が奥まで聞こえたのでしょう。
退屈だから見に来たのです。 

 

でも、初対面の人に「なんやぁ~」は ありませんよね。

社長が、こんな風だから、受付の人の態度もよろしくないのでしょう。

 

つまり、、、「最初にご応対いただいた方と社長さんはよく似ている」のです。

 

そして、もう1点発見があります。

社長さんが横柄で偉そうな会社の業績が良かったコトは、今まで一度たりとも遭遇していません。

 

 

あたりまえですが、不愉快な思いする相手に誰も特別な計らいはしません。

出入り業者や仕入先も、気分の悪くなる人に良い条件や得する話、思い切った値引きはしません。


儲けさせてくれるのは、お客様ダケではありません。

商売は入口と出口があるワケですから、どちらか一方の流れが細くなれば、おのずと全体の流れは縮小します。

 

会社が出入り業者や仕入先からどの様に見られているか。

毎日、多くの企業に訪問すれば、最初の応対で会社の内容がわかっちゃうモンなんです。

続きを読む

業務上の移動は労働時間?

たまには、真面目に業務に関する話題をひとつ。

 

私は仕事がら、労務関連の質問をされるコトがしばしば。

先日も2件続けてよく似た質問をされました。

 

それは「研修先への移動は労働時間に含まれる?」です。

入社後の研修シーズンだからでしょうね。

 

目的地が勤務地より近い場合は良いのですが、遠方の場合で朝から研修や現地で仕事となれば、労働者は早起きする必要があります。

 

でも、移動の電車やバスの中は自由。

居眠りしてもスマホをさわっていても良いのです。

でも仕事(研修)のための移動。。。

 

・・・それでは答えです。

 

正解は「NO」。

つまり「移動は労働時間に含まれない」です。

 

「外出が制限された事業場内の休憩時間と同じようなもの」と解釈され、労働時間にはあたらないとされているからです。(訪問介護などの異動は労働時間になります)

 

では、休日に出張のため移動した時間は?

 

たとえば、日曜日の夕方に出張先まで移動して前泊。

月曜日の朝から業務を開始するようなケース。  たまに、ありますよね。

 

この場合も同様です。

「出張中の休日は、その日に旅行する等の場合であっても、旅行中における物品の監視等別段の指示がある場合の外は休日労働として取り扱わなくても差し支えない」とされています。

(昭和23.3.17基発461号、昭和33.2.13基発90号)

続きを読む

「心を入れ替える」

続きを読む

もうすぐ始まるんです マイナンバー 

兵庫区役所の係長級男性職員(44)。

職場のパソコンを使って、なじみのスナック店員(女性)の個人情報を閲覧してたらしいデス。生年月日や住所、家族構成など。

 

今年の10月、マイナンバーが国民に付与されます。

マイナンバーは、複数の機関に散財する個人情報を結びつける番号です。たとえば、年金・健康保険と所得税・住民税。

 

これらは、それぞれの機関(年金事務所、市町村の年金課や税務署)が個別に管理しています。

 

でも、マイナンバーを使えばアラ不思議ぃ、同じパソコン画面上で一括表示されているではないですか! (たぶん)

したがって、「社会保障・税番号制度」とも呼ばれています。

 

趣旨は、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会インフラとのコト。

お役所の方が、誰かの個人情報を覗き見するために使用されるシステムにならない事を心から祈りたいデス。 

 

マイナンバーについて詳しくは → ココをクリック!

 

続きを読む