まだまだ 若いモンに 負けないでください

先日、(2016年10月19日)

「65歳超雇用推進助成金」なるものが厚労省から案内されました。

 

現在の法にのっとった定年の規程は、

「60歳定年。希望者には65歳までの再雇用」となっています。

 

「65歳超雇用推進助成金」は、これを延長した事業主に助成金を支給するとしたものなのですが、細かい要件を省いてポイントだけご説明すると・・・

 

・定年退職を65歳に引き上げ  ・・・ 100万円/事業主(1回のみ)

・定年退職を66歳に引き上げ  ・・・ 120万円/事業主(1回のみ)

・希望者は66~69歳まで再雇用 ・・・  60万円/事業主(1回のみ)

・希望者は70歳以上再雇用   ・・・  80万円/事業主(1回のみ)

 

※ただし、きちんと費用をかけて専門のコンサルを実施する必要があります。

 

これからの日本は、人口減少でますます人手不足が深刻化します。

ですから、60歳、65歳を超えてもお元気なら、バンバンお仕事をしていただきたいですね。

 

そんな中、「これから65歳を迎える世代は、生涯働きたいと考えているのか?」とのタイトルの記事を東洋経済

オンライン(2016.11.07)が掲載していましたのでご紹介します。

そこに掲載され、気になったのが厚生労働省の高齢期における「何歳まで働きたいか」についての意識等調査結果です。

 

・65歳まで・・・27.3%

・60歳まで・・・19.6%

・70歳まで・・・17.6%

 

70歳を超えて「働き続けたい」とする人はわずか7.7%だったとのこと。

この数値を見る限り、約3割の人が65歳で現役を退きたいと考えている様です。

 

「65歳超雇用推進助成金」は人手不足には対応できても、労働者の考えまでは対応が出来ていないカモですね。


献金 ちゃぁ~

このサイトの厚生労働や助成金、補助金関連のニュースページでお伝えしております通り、西川農林水産大臣が、国からの補助金を受けた団体と関連のある企業から献金を受けていました。

西川農林水産大臣は、おそらく同じ手法(補助金の口利きなどで見返りをもらう)で、栃木県内の木材加工会社からも300万円の献金を受けていたことが、つい先日バレたばかりです。

これが先生の錬金術なら、手口は中国共産党の幹部にそっくり。
(あくまでも恣意的にやっておられるならデス)


連続2発目はマズイですよねぇ。
だからでしょ、インタビューのトキの注意を拡散するために仕込みましたね。大臣。 
見ましたよぉ大臣。


そう、インタビューのトキ、後方にいた人。
彼は農水省の方? それともSPの方 あるいは劇団の方?

前髪クルリン。 そっちばっかり見てました。


政党助成金 総額320億円

しかし、、、

政党名にフルネームって。。。

 

まるで、世良公則&ツイスト です。

ロス・インディオス&シルヴィア です。

内山田洋とクール・ファイブ です。

 

「ちゃんと確認してみよう」と思い、公式サイトをチェック。

 

すると、1月21日に確認した時点では「生活の党」だったトップページが「生活の党と山本太郎となかまたち」に、ちゃんと修正されていました。

 

私は山本議員を否定も肯定もしません。

なぜなら、山本議員の政治的信条も信念も知らないからです。

 

ただ、政党助成金欲しさで党名変更を了解する党の存在を暴いたのは、彼の功績だと思うのです。

 

今年、各党に交付される政党助成金は、10党に対し総額320億円。

トップが自民党で約170億円、次いで民主党が約77億円。

 

そして「生活の党と山本太郎となかまたち」も無事(?)、3億3,100万円が受け取れる可能性が出てきました。
ちなみに、政党助成金は、平成27年度予算案が成立すれば、年4回に分けて各党に交付されます。


(シバシン)


公約 守ってくださいね

安倍晋三首相が調整に入ったとされる年内総選挙。

 

毎日新聞によりますと、自民党における経済分野の選挙公約骨格となる対策原案が判明したとの事です。

 

内容は2012年衆院選に続き「経済再生」。

 

この案は、政調幹部が10月から各地で開催してきた「どこでも政調会」のヒアリング結果を基に策定されたとのこと。

 

主たる内容を並べると下記の通りです。

 

【地域経済の好循環実現】

・米価下落への緊急対応

・経営所得安定対策

・燃油高騰に備えたセーフティーネット構築

・地方における就労支援

・地方への交付金拡充

 

【女性が輝く社会実現】

・安心して結婚・子育てできる環境整備

・出産後の職場復帰・再就職支援

 

【安全・安心な暮らし実現】

・真に必要な防災対策を含む社会資本整備

 

【政策課題・要望事項】

・沖縄振興予算

・沖縄振興一括交付金

・山間へき地の生活道路拡幅

 

選挙で自民が勝てば、上記項目が来季の重点課題となります。

つまり、これらに関連する補助金や奨励金、助成金が策定される可能性が高い事になります。

 

具体的な内容はしばらく先になりますが、上記に関係される事業主さん、あるいはご興味の有る経営者の方は、今後の情報を注意深く観察・研究されてはいかがでしょうか?

また、机上などで出来る準備はスタートされても良いのではないかと考えます。

 

ただ、公約がブレたり嘘にならなければ良いのですが。。。  (シバシン)


分煙でも助成金が活用できます

受動喫煙防止対策助成金

助成金にはイッパイ種類があります。
ユニークなものも中にははあます。

たとえば「受動喫煙防止対策助成金」

これは、そのままズバリ、喫煙室以外での喫煙を禁止するために喫煙室を設置などする取組みに対し助成する制度です。
中小企業事業主が、事業場における受動喫煙防止対策を推進することを目的としています。


上限を200万円として、喫煙室の設置などに係る経費のうち、工費、設備費、備品費、機械装置費などの 2分の1 が助成されます。

詳しくは → ココをクリック

 


助成金と補助基金

キャリアアップ助成金と特定求職者雇用開発助成金

「助成金」
「奨励金」

「補助金」・・・違いってなんでしょう?


「助成金」と「奨励金」は、研究や事業が発展・完成するよう援助するお金。「補助金」は、不足を補うために出すお金。

一般的に「助成金」と「奨励金」は厚生労働省です。

「補助金」は経済産業省です。

 

ただし、民間企業主催で「補助金」として研究者などを支援する制度もありますし、メーカーがディーラーの販売に対して「奨励金」を支出するなんて事もあります。

さらに、多数の大手の企業は、慈善事業などに多くの「助成金」を支給しています。

 

基本的に私共が、受給のお手伝いをしているのは、厚生労働省の行う「助成金」です。

金額は大きくありませんが、要件さえ満たせば原則として受給できます。

そして普通に労働者を雇用しているだけで、実は活用できる「助成金」も結構あります。

 

最近は『トライアル雇用奨励金』『特定求職者雇用開発助成金』、そして『キャリアアップ助成金』が活用しやすくて大人気です!(U)


給付金申請受け付け開始

平成26年4月における消費税率の引上げに際し、給付金の申請受け付けが始まっています。


① 所得の低い方々への負担の影響
② 子育て世帯への影響

 

・・・を考慮した、暫定的・臨時的な給付措置が実施されています。

 


        詳しくは下の「見る」をクリック!

給付金も知っておきましょう

そのお手伝いは出来ません

不正受給は犯罪です

先日、助成金のご案内をした方から

「社員をたくさん雇用したコトにすれば、沢山お金がもらえるじゃん」・・・と、指摘を受けました。

 

ちょっと耳を疑いました。

もちろん、そのようなお手伝いは出来ません。しません。
お断りすると「他の社労士に頼むからイイ」とおっしゃいました。

どうぞ どうぞ、
そんな危険なコトに手を貸す社労士なんていませんよ。(K) 


比較は大事でも結果は・・・

キャリアアップ助成金の事なら、人材育成支援機構まで。

助成金について、每日の様にご相談が舞い込みます。

我々は、最も適切・有利な内容のものをご案内するのが仕事。
そして、社労士の手数料や、お手元に残る助成金の金額を計算。

ご存知の通り、助成金の手続きはご自身(会社のご担当者や経営者)が行えば無料ですのので、その事もお伝えします。

 

その結果「検討してみます」とのお返事が全体の約7割くらい。

 

その後、しばらくして再度同じお客様が連絡。

「手続きが面倒になったので引き受けて欲しい」

 

あらら。。。

ご依頼ですから、続きのお手伝いを行います。

 

ところが、ご自身で申請された結果「支給不可」と通知されてしまっているケースも少なくありません。

書類を確認したり、窓口に出向いて問い合わせを行うのですが90%以上の確率でダメ。

 

いかがでしょう?

僅かなコストは惜しまず、経験や実績のある私共に最初からおまかせいただけませんか?


てなワケで、賢い経営者の皆様をお待ちしております。(S)


税制優遇制度もあります

助成金だけではなく税優遇措置もあります。

ご存知ですか? 雇用促進税制。

助成金ではありません。
でも、厚生労働省の管轄する制度ですからご紹介。

内容は。。。

事業年度中に雇用者(雇用保険加入者)を2人以上(大企業は5人以上)かつ全体の10%以上増加させるなど、一定の要件を満たした事業主に対して税制が優遇される制度なんです。

平成27年度までの制度ですから、時限優遇。
(延長決定! 平成28年4月1日~平成30円3月31日までの期間内に始まる事業年度)

税に関するコトですが、厚生労働省の制度なので顧問の税理士さんや会計士さんは情報をお持ちでは無いカモ。


社長さん、「税金に関しては、ウチは先生がちゃんと・・・」だと思いますが、念のためご確認を!


助成金申請後の変更について

助成金は申請よりも受給の手続きの方が大変です。

補助金や助成金って、申請手続を行ってからがスタート。

 

補助金は、審査に合格した当初計画に基づいて、使用したお金の一部が後に支給されるのが一般的。
(もちろん、支給前に資料を提出しなければなりません)

 

助成金は、一定期間の雇用や研修などが終了してから申請を行い、労働局などから直接受け取る事になります。

 

いずれも注意すべき点は、最初の計画や雇用内容が実際に行われた事と異なれば、支給されないケースがあることです。

 

 補助金や助成金申請は、ある意味せっかくのチャンスなのですから、ミスなどでオジャンにするのはもったいない。

 

きちんとフォローしてくれる専門家にお任せいただくコトをオススメしています。


試行雇用奨励金

実は、活用するならキャリアアップ助成金がオススメです

今日は、具体的な助成金(奨励金)の情報を少しダケ。

 

名称は「試行雇用奨励金(トライアル雇用)」

特定の求職者を一定期間試行的に雇用するともらえます。

イメージとしては「人件費の一部負担金」

雇用を増やすために実施されています。

支給される金額は40,000/月。
最大3ヶ月分、受給できます。

ただし、雇用する人が特定されています。
雇っちゃえば、誰でも良いワケでは無いのです。 条件は、、、

 

1.ハローワークに求職登録している人。

2.ハローワクの紹介によって雇用。

 

 

 ここからはチョット詳しいお話しデス。

-----------------------------------------


「試行雇用奨励金」を活用する場合、雇用される人は次の1~4の人になります。

 

  1. これまでに就労の経験のない職種または業務に就くことを希望する人。
  2. 離転職を繰り返している者(過去2年以内に2回以上の離職・転職者)
  3. 直近で1年を超えて離職している人(正社員以外の就労形態もOK)
  4. 就職支援に当たって特別の配慮を有する下記のずれかに該当する人
  • 母子家庭の母等
  • 父子家庭の父
  • 生活保護受給者
  • 季節労働者
  • 中国残留邦人等永住帰国者
  • 日雇労働者
  • 住居喪失不安定就労者
  • ホームレス
  • その他トライアル雇用の活用が必要と認められる者

心斎橋の美容室さんも助成金をご活用

心斎橋で15年経営をされている美容室「C」様から助成金について問い合わせ。

ピッタリ100万円獲得できる事がわかりましたので、さっそく手続きを実施。

関西にお住まいの方はご存知だと思いますが、心斎橋界隈はファッションだけでなく美容室やエステなどの激戦区。

 

助成金を活用して、より良い雇用環境整備。

お隣さんよりも優秀な人材獲得・育成で差をつけちゃいましょう。