なんで月末やねん

 

「プレミアムフライデー」をご存知ですか。

 

「毎月最終の金曜日、仕事を15時に終えて週末を楽しみましょう」

 

ですって。

 

なぜ、わざわざ忙しい月末に設定したのでしょう?

考えた人達(政治家?役人?)と世間との乖離を猛烈に感じます。

 

関西弁で表現すれば「なんでやねん」です。

 

ちなみに、経済産業省は民連携の取り組みにすると鼻息荒く、

2016年度の補正予算での官広告費などに2億円を計上したそうです。

 

今月の24日からプレミアムフライデーはスタート。

おそらく広告を委託されたD通さんあたりが、残業して頑張っているのではないでしょうか?


お客様は今年も商売繁盛!

1月10日は戎さん。 大阪では「えびすさん」ではなく「えべっさん」と呼ばれています。
私共が「商売繁盛」では妙なコトですので、私共のお客様の「商売繁盛」を祈願してお参りをしました。
今年も大勢の人でイッパイでした。


誓い

あけまして おめでとうございます

 

ちょうど1年前 つまり2016年1月4日 

 


「今年は準備不足だった。来年(2017年)になったらWebの更新を頑張ろう」

 

私は誓いました

 

 

そして本日(2017年1月4日)

 

「今年は計画が間に合わなかった。来年(2018年)からWebの更新を頑張ろう」

 

厳しく誓った次第です。


ジェットコースターに乗れば出る

米ミシガン州立大学の研究者らが「腎臓結石でも小さいものなら、ジェットコースターに乗れば排出できる」との研究結果を 米整骨医学会誌に発表したとCNNが伝えていました。

 

理屈は簡単。

ジェットコースターに乗って身体を揺さぶられると腎臓も揺さぶられ、結石が

器官を通過するとのこと。

 

人の腎臓を精巧に再現したシリコンモデルを作成。
尿と結石を詰め、バックパックに入れて実験したところ、コースターの後部車両に乗った場合、約64%の確率で結石が出たとの事です。

その後も230回以上同じ実験を繰り返し、70%近い確率で結石が出ることを確認しました。

 

ニューヨーク市の泌尿器科医師、エリザベス・カバラー氏はどの程度治療に役立つかわからず、やや極端な療法に思えるため、実際に患者に勧めることはないと語っているとの事です。

 

私も、毎晩の様に知恵や勇気が出るのではないかと思い、調子に乗って飲酒を行っていますが、出てくるのはため息ばかりです。 そして、シッカリ出て行くのは貧弱なサイフに遠慮しながら収まっていた1,000円札と小銭達ダケです。


パイプがある

「有名私立小学校に入学できるパイプがある」

 

東京都世田谷区の会社役員(49歳・女性)から保証金名目で現金440万円をだまし取ったとして、N容疑者(54歳・女性)が逮捕されたと、昨日のニュースに掲載されていました。

 

平成21年11月中旬、N容疑者が「あなたが希望する私立小に入学するための面接枠が残っているが、入学後も学校に迷惑をかけないことを示すため、お金が必要」などと被害者の会社役員に説明。

数回にわたりって預金口座に計440万円を振り込ませました。

 

しかし、被害者の子供はその学校に不合格。

結局、別の小学校に入学しましたが、その後も「編入させることができる」などとして、N容疑者は金を要求し続けていました。

 

気がつけば被害総額は約1億円。

「パイプがある」ってお話でしたが、「つながってる」ワケでは無かったんですね。

 

逮捕後の容疑者は「学校関係者なんて誰1人知らない」と開き直ってるとのコトです。

・・・なんや、パイプも無かったんかいな。


自力通院無職男性63歳

[はじめに]

本投稿は、某新聞記事を元に想像、妄想を付け足したものです。

予めご承知おきお読みください。

❏ 出会いは突然

画像は「やっと課長に」のイメージです。
画像は「やっと課長に」のイメージです。

2016年9月1日の毎日新聞によると、群馬県長野原町の地蔵川の河原で町内の無職の男性(63)が渓流釣りをしていたところ、突然現れたクマが立ち上がって飛びかかってきたとのこと。

無職男性63歳は、体長約190センチのツキノワグマだったと話しています

 

さて、飛びかかられた方の無職男性63歳は1953年(昭和28年)生まれ。

 

第一次ベビーブーム直後に誕生。

昭和中期、高度成長期で日本が豊かになる時代でしたが、出世したくても諸先輩にポストを奪われ、ナカナカ課長になれなかった戦後の昭和生まれにしては珍しい苦労の多い世代です。

 

そして、身長は約170センチ。

実は腕に自信あり

画像はクマと戦うイメージです。
画像はクマと戦うイメージです。

日頃は静かな地蔵川の河原。

 

なんの巡り合わせか、ここで命をかけた勇者の戦いが始まりました。

 

約190センチのツキノワグマ VS 約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳

 

 

まずは突然現れたクマの攻撃です。

 

クマは、約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳の右半身、頭、腕、ふくらはぎに噛みつき、引っかいたのです、怪我は深くありませんが大きなダメージです。

 

 

 

もちろん約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳だってやられてばかりではありません。

反撃に打って出ます。

 

実はこの約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳。

普通の約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳ではありません。

空手高段者の約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳だったのです!

 

つまり、空手高段者約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳なのです。

 

腕に自信が有るうえに、怪我まで負わされたのですがら、このままオメオメと逃げ帰る事などできません。

空手高段者約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳は勇敢にも素手で戦い続けました。

考えるのではない 感じるのだ

画像は見事な貫手技のイメージです。
画像は見事な貫手技のイメージです。

縄張りにヒョッコリ現れた獲物を仕留めんとするクマ!

 

来年小学校に上がるかわいい孫娘のランドセルを買うまでは死ぬに死ねない空手高段者約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳

 

両者、全力の戦いです。  コレまさに竜攘虎搏!

 

どれだけの時間、もみあいが続いたのでしょう?

ふとした瞬間、空手高段者約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳にチャンスが訪れました。

 

彼はクマの心にスキが出来たのを見逃さなかったのです!

 

その瞬間、空手高段者約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳の鋭い貫手がクマの目に!

この一撃を喰らって、クマは川の上流へと逃げ去ったのです。

 

そう勝ったのです。空手高段者得意技貫手約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳が。 戦いは終わったのです。

 我 奇襲ニ断固応戦 敵ヲ一撃ニテ撃退セシメントス

画像は警戒心が無く人にも甘噛などしてじゃれてくるツキノワ熊の小熊のイメージです。
画像は警戒心が無く人にも甘噛などしてじゃれてくるツキノワ熊の小熊のイメージです。

その後、空手高段者得意技貫手約170センチ昭和中期誕生無職男性63歳は、自力で町内の病院に行き治療を受けました。

 

ところで、長野原町農林係の担当者は「町内でクマによるけが人はここ数年記憶にない」との事です。

 

では、空手高段者得意技貫手約170センチ昭和中期誕生自力通院無職男性63歳はナニと戦ったのでしょう?


ちなみに、ツキノワグマの体重は60~100キログラム前後。
体長は120~145センチ、大型でもせいぜい150センチくらいらしいです。

 

もし190センチのツキノワグマがいたなら、これは桁外れに大きい怪物。

 

 

 

さて、9月がスタート。もう少しすると紅葉の季節ですね。

腕に覚えが無い方は、野山を散策中クマとバッタリなんてコトのありません様、お気をつけください。

 


オトナのすべきコト

ポケモンGOが話題。

 

近所の公園は、朝も昼も夜もスマホを見ながら右手の人差指をスライドさせる人でイッパイです。

交差点でも数人が必ずスマホを覗き込んでいます。

 

こ、こんなに大勢の人が。。。

 

ポケモンGOは、位置情報ゲームとやらで、スマホを持って歩きまわり、ポケモンを捕獲するゲーム。

 

 

街中こんな人だらけに見える
街中こんな人だらけに見える

 

でも、大のオトナが 架空のキャラクターを集めて どうする!

アイテム集めて どうする!!

ゲームのレベル上げて どうする!!!

 

集めるなら、政治や経済、世界情勢などの情報を集めるべきではなかろうか?

レベルを上げるなら、人間力や精神力のレベルを上げるべきではなかろうか?

 

  

そんな事をヒシヒシと感じながら、今日で28種類が集まった。

レベルも9に上がった。 大のオトナなのに。

 


観光地に静けさが戻る

なんとなく祭りの後の静けさ


 

三連休の最終日、ちょっと欲しいモノがあって大阪駅に隣接する大丸百貨店内の東急ハンズに行きました。

 

時間は18時を過ぎ。

空いていたのでゆっくり品定めが出来ました。

でも、なんだかいつもと違う雰囲気。

 

・・・単純に空いているのではなく、いつもより静か。

 

原因は外国人の減少。 中国人買い物客の減少だと気が付きました。

賄賂の効果もイマイチらしい


政府の統計では、海外からの観光者は昨年より早いペースで増加しています。

でも、中国人「爆買い」は収束したかの様子。

5月のデパート、外国人旅行者向け売り上げは前年比マイナス16%。

 

多くの評論家が「爆買い」減少は、中国経済低迷が影響している説明しています。しかソレは違います。(景気の影響がまったく無いとは言いません)

 

中国人の友人からの情報では、「爆買い」を止めた原因は、4月8日から始まった関税率引き上げ。

「海外で買うなら自国製品を中国国内で買いなさい」とした中国政府の方針です。

 

中国の空港での検査は、日を追うごとに緩んでいるとの情報もありますが、持ち帰った製品の物価格が実際の価格よりも10%以上低かった場合、密輸品として没収されるなど、厳しいルールも同時に実行されており、賄賂もあまり効果が無いとの事です。

ホントの親日中国人旅行者が増える?


4月8日の上海浦東空港の到着ロビー。「税金払うなら捨てて帰る」と放置された日本土産。
4月8日の上海浦東空港の到着ロビー。「税金払うなら捨てて帰る」と放置された日本土産。

ご存知の方も多いと思いますが、そもそも本物の中国人富裕層は、ほとんど日本へは旅行に来ません。

彼らは白人のアッパークラスに匹敵するラグジュアリーを求め、欧米に向かって旅をします。

 

日本にやって来るのは、富裕層ではなく中間層。

旅行者は、日本で量購入した化粧品や家電、ブランド品を帰国したらネットで販売。 そして旅費の一部を回収するのです。(上手にやれば黒字です)

つまり「爆買い」は、中間層の人達が旅行代金を稼ぐ手段。

この自家発電的な行為が出来なくなったモンですから、「爆買い」する意味も無くなったのです。

 

4月、5月、6月はすでに旅行の予約を済ませていた中国人旅行者が日本に来ていました。折角ですから多少の買い物もするでしょう。

でも、この頃から購買の勢いは明らかに変わってきてましたよね。

 

夏からは、来日数の減少が始まると予想します。 

 ただ、4月8日以降は日本への旅行代金が高くなったのと同じですから、本当に日本への興味がある人しか来なくなると私は思っています。 そうなればマナーの悪い人は減り、観光地も街中も少しは静かになるのではないかと期待しています。

 

ちなみにお金に興味のある中国人富豪達は、最近ロンドンに向かっています。

ポンド下落だの南シナには興味が無いだのと言いながら、現地でお金をバラ撒いている様です。


ラニーニャ現象の影響か!

画像の人物と記事は関係有りそうですが有りません。
画像の人物と記事は関係有りそうですが有りません。

朝日新聞のネット版をウリウリ見ていたら発見しました。

 

こんな記事た。

 

---------------------------------------------------

『バニーガール姿で邸宅侵入か』

 

バニーガール姿で空き家の敷地に侵入したとして、福岡県警は14日、住居、職業不詳の男(34)を邸宅侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕した。

 

「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 

付近では今春以降、空き巣事件の現場で「スパイダーマン」姿の不審人物が目撃されたといい、筑紫野署が関連を調べている。

 

署によると、逮捕容疑は1日午後0時半ごろ、窃盗目的で福岡県太宰府市の空き家の敷地に侵入し、郵便受けをあさったというもの。

近くの住民から「黒のタンクトップ、網タイツ姿で、ハイヒールをはいたバニーガールのような男がいる。目が合ったら車で逃げた」と通報があった。目撃された車のナンバーなどから男が浮上したという。

----------------------------------------------------

 

なぜ 網タイツ。

 

なぜ ハイヒール。

 

なぜ 覚えがない。

 

なぜ

 

なぜ

 

不思議な人がいるモンです。


この人もセコイ Ⅱ

本日のセコイ議員さんは社会民主党副党首。

北京オリンピックを支援する議員の会顧問でしたが、東京オリンピックの招致には反対の立場を取っておられた福島瑞穂先生デス。

 

今回の参議院議員選挙に比例区で出馬されておられ、まさにこの時期、選挙活動の真っ最中です。

 

困ったコトに昨日から、先生の選挙違反を指摘する情報がネット上で乱立しております。

 

先生が行った選挙違反とは、、、

 

[その1 駅構内での選挙活動]

駅内でタスキをかけてウロウロ。
駅のホームなどでは演説等の示威行為がアウトらしいデス。
人で溢れかえって事故にでもなれば大変なコトになるから当然ですね。

ただし、タスキをしているダケなら、NGかどうかは際どいラインですね。

 

[その2 電車内での選挙活動]

タスキをかけて電車内で乗客に挨拶してまわっているのは鉄道営業法違反らしいです。先生は名刺を配ったとされていますが、決定的なシーンの写真はありません。

 

ただ、社民党では瑞穂先生以外に駅中演説会をやっちゃった人がいるみたいです。
コチラはきっとアウトでしょう。

 

選挙管理委員会さん。

とりあず真相究明をお願いします。放置すると、あなた方の存在価値が疑われますよ。

 

 

こんな感じです → ココをクリック 


この人もセコイ

舛添さんは法律違反は無かったものの「セコイ」で退任しましたね。

噂では給与も退職金もシッカリ受け取るのだとか。

 

さて参議院選挙がスタート。

今年は選挙参加の年齢も下がって、どの様な結果になるのでしょうか?

皆さん、必ず投票に行きましょう。

 

そんなこんなで、ニュースでは各党党首のインタビューが放送されています。

 

民進党の岡田克也代表。

自らの地元である三重選挙区で、民進党公認候補が当選できなかった場合、次の代表選には出ないとおっしゃってます。

 

 

 

 

・・・ 知らんがな。

 

 

 

 

「もし今年 広島カープが優勝しなかったら、大好きなコロッケを1年間食べません!」

 

同じくらい軽い約束に聞こえます。

代表なのに局地的な当落に対して中途半端な約束。

 

 

この人もセコイ

 

 

まぁ可哀想なのは、三重選挙区の民進党公認候補者。

妙なプレッシャーかけられちゃって、、、

しかも現職だから、コレで落選したら目も当てられない。

 

自民党(と公明党)は、今回の参議院選挙で改選となる121議席中、半分に相当する61議席獲得を目指しています。35議席穫れば参院の半数を超えるのにデス。

 

セコイ岡田さんは「もし与党の61議席を阻止できなければ?」との質問にも答えてます。

 

質問へのお返事は「私の出処進退は私が決めることだ」

 

せめて「一生 ガリガリくんは食べない!」くらいの意気込みが欲しいものです。


保護される、、、ケースは多い

私は、上海にオフィスと工場を構えて長らく中国とビジネスをしていたからでしょうか、中国関連の情報やニュースは今でも気になります。

 

先日、とある弁護士先生が中国での違法コピーや商標登録対策について書かれているWebページを拝見しました。

 

特許庁が今年3月に発表した2015年度の模倣被害調査報告書でも、日本企業が模倣被害を受けた国のトップは中国で64.1%(2014年度)。  との事です。

 

中国では知的財産権が保護されないと思いますよね。

この弁護士先生も「法的に適切な手続きをとれば、日本企業の知的財産権が保護されるケースは多い」とされておられました。

 

そうなんです。 「保護される」ではなく「保護されるケースは多い」なのです。

 

そんなルール曖昧な中国。

一時期のブームは去りましたが、現在でも13億人の市場などと言われ、中国相手にビジネスをお考えになる企業は沢山あります。

この弁護士先生は、そんな方々に特許や商標に関しての指南をされているのです。

 

ただ、商魂たくましい中国人。

彼らが「売れる!」と思ったら日本製であろうがフランス製であろうが模倣品がドンドン市場に出回ります。模倣されないのは中国製品くらいです。

 

模倣するパワーも半端ではありません。

模倣品工場が本物を造る工場規模をはるかに上回る なんて事も普通に有りますし、何事にもいい加減なクセに、売りさばく販売網ダケはキッチリ出来上がってたりもします。

だから、気がつけば模倣品だらけ。

 

最悪なのは、市場を席巻した模倣品の品質が劣悪である場合。(基本的には劣悪デス)

作った覚えの無い劣悪品のクレームが増加。ブランドイメージは粉々に破壊されます。

 

稀に、模倣品の品質が正規品と遜色ないほど高い場合、コレはコレで、ますます市場は模倣品に奪われ問題となります。

ですから「日本企業は模倣品を放置すべきではありません!」と弁護士先生は主張されています。

 

その通りだと思います。

 

私の場合、中国で製品を作って日本で販売していたのですが、模倣品が中国国内に少しづつ出回ったなぁ~と気がついた1年後、日本国内で中国系企業が模倣品の販売を始めるテナ 悲しい経験をしました。 

ですから模倣品は放置してはならないのです。

 

でも、法的な手続きを万全にしても、中国相手に望む効果は期待できるかどうか???

ですから、弁護士先生も「保護される」と断言されないワケです。きっと。

 

この様に考えれば抜本的な対策はひとつです。

それは・・・「中国とはビジネスをしない」コトだと思います。


マイナス金利なのでタンスの中を探してみる

財布の中には、1,000円札1枚。

そして、スーパーのレシートが数枚。

病院の診察券、保険証、免許証、数枚のポイントカード。。。

 

これは、もはや財布ではなく「薄っぺらいモノ入れ」。

世の中の1万円札は、何処にあるのでしょう?

 

1万円札は、2011年度~2015年度で10億5,000万枚印刷されてます。

今年は昨年度より1億8,000万枚増やすらしいです。

 

なのに、私のトコにはあまり回って来ません。

1万円札の行方は、やっぱり不明です。

 

財務省は、マイナス金利政策の影響で預金利子が付かなくなり、銀行にお金を預けず「タンス預金」をする人が増えたと言ってます。

 

そうです! そうなんです! そうだったのか!

 

1万円札は、タンスの中に有るのです。

今日は早く帰ってタンスの中をくまなく探してみるコトにします。

ウチのタンスにも、誰かが預金をしている可能性が有るのです。

 

ただし、我が家では銀行にも郵便局にもタンスにもお金を預ける習慣はありません。

なぜなら巨大隕石の地球衝突に備えて、宵越しのお金は持たない「江戸子方式」を採用しているからです。

 

でも財務省のアドバイス通り、タンスの中を探してみます。 きっと誰かが。

牛丼、牛丼、牛丼、牛丼、牛丼、

 

(1)登記している法人。

(2)一部個人経営サービス業以外で、従業員5人以上の店舗や組織。

 

これらを経営する人と、そこで30時間以上/週の労働をする人は、全員厚生年金に加入しなければなりません。

 

ところが、全国で約75万ヶ所の事業所が未加入か保険料未納。

 

被害者は従業員。その数約200万人!

 

厚生年金の一般被保険者分は、労使合算で所得の17.828%。
等級によって差異はありますが、指定されている率で計算してみます。

 

仮に平均年収が200万円の人。

月収166,666円ですから、保険料は労使合算で29,713円/月となります。

 

年間だと356,556円。 決して安く無いですよね。

この保険料を支払っていない違反事業所が79万件なのです。

 

今年から、これらの未納を根絶するため、マイナンバーが登場しました。
厚生年金対応はマイナンバー最大の目的と言っても過言ではありません。

 

でも、なぜマイナンバーで厚生年金未加入がバレるのでしょう?

 

人件費は、源泉(税金)を支払わなければ経費になりません。

したがって人件費を経費として計上している事業所の税務情報は税務署が把握しています。

 

「私の店では、◯◯万円の人件費を払ってます」って情報です。

 

つまり、誰がいくら所得を得ているのかの情報が税務署にあるのです。

 

でも、年金を管理する側にはこの情報がありませんでした。
さらに、管理方法が異なるため税務署の情報と合致できなかったのです。

 

それをつなげるのがマイナンバー。

だから今後は、順次国民の所得と社会保障が結びついちゃうワケなんです。

 

社会保険未加入などの事業主さんがおられれば、早めに対応してください。

 

ちなみに、バレるとひどい目にあいます。

ペナルティは、過去2年分の納付。そして14.6%の追徴。
最悪の場合、事業主は逮捕です。

 

 

それにしても、厚生年金で年間約7,000億以上の未納。

 (労働者の平均年収が200万円の計算)

 

未加入は中小企業が大多数で、その経営者も未納。

したがってホントの金額はもっと大きいとされています。

 

推測で約1兆円!!!!

 

1兆円と言えば、消費税0.5%分。

 

吉野家の牛丼の並みが380円だとすれば、29億3,157万8,947杯分。

 

1日3食牛丼にすれば9億7,719万2,982日分。

 

267万7,241年間、毎食牛丼です。 

 

3万5,000回くらい人生を繰り返して、毎日毎回、牛丼です。牛丼です。牛丼です。牛丼です。

 

きっと辛いです。

公益財団法人が不祥事で破産って。。。

高齢者や障害者の預託金流用が発覚です。

 

公益財団法人「日本ライフ協会」(東京都港区)

 

15都道府県に事務所があり、契約者は約2,600人。

高齢者や障害者がアパートに入居する際の身元保証や、死亡時の葬儀などを支援する事業をしていました。

 

この団体。

フタを開けてみると高齢者や障害者の預託金流用していた事が発覚して、大阪地裁に民事再生を申請しました。

ところが、今月になってコレを断念。

 

断念の理由は、事業譲渡を予定していた福岡市の一般社団法人「えにしの会」がスポンサーを辞退したから。

 

ですから破産手続きに移行。 

負債総額は約12億円です。

破産に伴う債権者への配当は約4億5千万円。

返還できる預託金は4割程度になるとの見通しとのことです。

まるで、貧しい人や老人を狙った詐欺。

 

財団法人も社団法人も、大なり小なり公益性があります。

 

ただし名称に「公益」が付けれるのは、天下りを受け入れている団体や公的資金で運用されていたりする組織がほとんど。 「ぬるま湯」だから不祥事なんて起こってしまう。

無意味な「公益・・・」なんて名称は止めて「私益・・・」にしまうべきでは?

 

しかも公益財団法人を一般社団法人がサポートするなんて。。。

ライオンが子猫に助けを求めるお話です。

 

内閣府は今月、「日本ライフ協会」の公益財団法人の認定を取り消します。 そりゃ、そうでしょう。

恥ずかしい大人

大阪市営地下鉄の男性運転士2人。

1人200万円の慰謝料を求める訴訟を大阪地裁に起こしたそうです。

 

理由は「髭を理由に人事評価を下げられたのは人格権を保障した憲法に違反する」ですって。

 

運転士 曰く
「ひげの手入れを怠ったことはない」
「ダメなのは納得できない」

 

・・・そんなに職場のルールがイヤなら辞めればいいのに。

 「ダンディーな髭の人 大募集」テナ職場に転職すれば良いのです。
 (日本にそんな職場が存在するなら)

 

あるいは起業でもして、誰からも文句を言われない様にして、全ての責任を自分で背負えば良いのです。

髭でも、チョンマゲでも、半裸でもOKです。

 

それから、髪や爪、服装なども手入だけの問題ではありませんよね。

スタイルも重要。

だって、ロン毛の茶髪の駅員はOKなのかってコトですから。

 

民間企業ならともかく、この人の職場は市営の地下鉄。

税金をもらってる以上、勤務する人たちは小ザッパリしてほしい。

 

髭ごときで人格うんぬん言うなどレベルが低すぎます。

ましてや訴訟だなんて。情けない。 ガキじゃあるまいし。

直撃OK

小惑星が地球に接近しています。

 

3月5日(米国時間)に最も近くなります。

 

想定されている地球への最接近の距離。

 

なんと、静止軌道の人工衛星高度の約半分!

もしくは月までの距離の35倍ほど遠く。

 

いまいちハッキリしません。

 

ハッキリしない理由は、太陽の方向から地球へ向かって来ているので、観測や計測が困難らしいのです。

 

つまり、太陽側から向かって来るので、眩しくて姿が見えません。

だから正確に観測や予測出来ない。

そして、サイズもよくわかっていない。

 

NASAは「地球に衝突しない」と言ってますが、ちゃんと観測出来ないのに、なぜ衝突しないと言い切れるのでしょうか?

 

雰囲気でしょうか?

 

願望でしょうか?

 

怪しいモノです。

 

もし、地球に衝突して人類に致命的な打撃を与えるコトになるなら、私はジリジリと苦しい目に合いたくありません。 どうせなら、頭に直撃してほしいデス。

実に荒っぽい

母親が大きな声で叫んでいました。
「"棚から牡丹餅"って意味はなぁー」(見事な関西弁)

年始、スーパーへ買い物に行った時のこと。
子供にことわざの意味を教えているのでしょう、母親が幼稚園児くらいの男の子に話し(叫び?)かけていました。

 

「"棚から牡丹餅"って意味はなぁー、棚からモノを取ろうとしたら餅がボタッと落ちてきてラッキぃ~って意味や」

 

・・・・あながち誤りでは無い。

辞書によると「思いがけない幸運が舞い込むこと」と説明されている。

でも、実に荒っぽい。 そして品がない。
さらに牡丹餅は、餅がボタッと落ちてくる様子を表しているのではなく名詞です。

とにかく2016年は、株価とバスの事故以外、概ね平和にスタート。
今年こそ、
ラッキーな事が連発しますように。

本気

この2週間ほど、過去経験した事が無いほどの忙しさでした。

 

私がアクセクすればするほど、お客様は必ず得をされているのですから、社会貢献出来ていると思っています。
(自分で言うのもナンですが、、、)

 

忙しいのは、仕事に追われている事もありますが、私自信の調子が上がっているからだとも思われます。

 

「さぁ、そろそろ今年も本気を出すかぁ~」

 

そんな事を思いつつ、来週の月曜日で今年の営業は終了。
来年は12月24日までに本気モードに突入したいです。

日本だから許される?

何年かかっても所得は倍にもならないのに、なぜ東京五輪の大会運営費が、ほんの少しの間で当初予定の6倍になるのでしょうか?

 

「全額福祉に」と言いながら始めた消費増税が、天下り団体の育成や新設に変貌する日本だから許されるのでしょうか?

 

メチャメチャですね。

 

メチャメチャと言えば、同じく五輪関連でのエンブレム騒動や競技場の建築費問題。

マンションなどの建築物で、杭が地盤に届いていない なんてのもありましたよね。

 

日本人から生真面目さが無くなったのでしょうか?

 

2015年、残すところあとわずか。
今年の事件や話題をふり返るTV番組もそろそろ増えそうです。

退屈と戦う準備

野村総合研究所が、10~20年後は日本の労働人口の49%が人工知能やロボットで代替可能と発表しています。

 

えらいコトです。

半分近くの人が失職するのです。

 

随分昔「未来の飛行機のコックピットは、人がひとりと犬が一匹になる」と聞いた事があります。

 

フライトはコンピュータ制御ですから、実は犬一匹で充分。

ところが、人間も1名乗り込みます。役割は、犬のエサやりです。

 

では、犬は何のために乗務するのでしょう?

それは、魔が際して人間が飛行機の機器に触らない様に見張るためです。

 

仕事を失うと、毎日が退屈になります。

それでも生活が出来るなら、退屈と戦う準備は出来そうです。

正しい辞め方

駅前のコンビニ。

雑誌を販売するコーナー。

その隣には本を売る棚。

 

そこで「総理の辞め方(本田雅俊/著)」なる本を見かけました。

 

同じ棚には「アフェリエイトで目指せ!月収100万円」や「先端技術の仕組みと安全」そして・・・

「ゴルゴ13」などが並んでいます。

 

「総理の辞め方」は、政治学者である本田雅俊(著者)が、戦後歴代首相の「散り際」を語る書物らしいです。

 

ただ、この本をあの売り場で見かけた人は『おいおい、今なら安倍さんしか買わねえよ。(対象となる読者を総理に限定した本なら)』と思ったでしょう。
あるいは『鳩山さんは読まなかったのか?』かもしれません。

 

前向きな人だったら『「10日のダイエットで総理になれる」を先に売ってくれ!』なんて心の中で叫んでいたと思います。

 

企業も、事業も、社長も、社員も、雇用も、就労も、(総理も?)始めるのは比較的簡単です。

努力なり、気持ちなり、お金が充分ならスタート出来るのですから。

 

でも引き際(散り際)って、すごく難しいと思います。

だからきっと、諦めるのが遅すぎて深い傷を負うなんてコトが多いのでしょうね。

(私も過去、遅きに失して大怪我をしたひとりデス)

どんな躾をされて育ったのでしょう?

コンビニ店員が、特定顧客の個人情報をネットで公開し、逮捕されたと報道されていました。

 

なぜそんなコトを?

 

しょっちゅうコンビニで立ち読みをする客なので、腹が立ったとのこと。「タダで読んで買わないなら泥棒と同じ」と加害者はコメントしています。

 

確かに、スーツ姿のオッサンがコンビニで必死にマンガを立ち読みするのを見ると、たまらなく悲しくなります。

 

雑誌を買い求める他の客が迷惑そうにしていても、その場を一歩も動かない強者も見かけます。

 

他人の個人情報をネットでバラ撒くのは犯罪です。ダメです。

でも「・・・泥棒と同じ」って意見は、理解の範囲です。

 

ガッツリ立ち読みする大人。

 

いったいどんな躾をされて育ったのでしょう?

 

私は偉そうに言えるほど出来た人間ではありません。

そんな私でも、立ち読みする人に対しては「親の顔が見てみたい」と思うワケです。

連れて行かれて・・・

先日、留学している中国人と話をする機会がありました。

 

年齢は24歳。

 

日本にやって来たとき、彼は天安門事件について詳しく知りませんでした。(ほとんど知らないが正解かも)

 

国(中国共産党)が情報をすっかり隠匿、国民も事件について話す事はタブーとされているからでしょう。

 

日本に来て、天安門事件をネットで調べてみて、、、絶句。

事件は彼の想像を上回る出来事だったのです。

 

彼は真実を知って背中が寒くなりました。

それは、人民に発砲する軍(共産党の軍)の映像を見たからでは

ありません。

 

こんなに大きな事件を、国(中国共産党)がすっかり隠し続ける事が出来てしまう。

そこに恐怖を感じたのです。

 

日本では、さすがに天安門クラスの大事件を隠す事は出来ません。

少々の操作は出来ても、ネットを含めてさまざまなメディアがありますから、情報を完全に隠す事は不可能でしょう。

 

仮に日本国内で情報を隠蔽出来たとしても、大事件は海外からは丸見えです。

・・・ってコトは、海外にいる人が帰って来れば、あっと言う間に情報は広がります。

 

ん? ん?? ん???

 

中国も同じじゃないの?

 

日本に留学すれば、天安門事件ダケでなく、毛沢東が毎晩若い女性を追い掛け回してたコトも、習近平の娘さんが米国籍取得に向けて切磋琢磨してるコトも、帰ったトキにバラしちゃえば良いのです。

 

なぜ、みんな黙ってるの? 

 

この質問に24歳の青年。

 

「ホントのコトを言ったら、連れて行かれて●されちゃいます」

 

おぉぉぉ  恐怖を感じてゾッとしました。

金持ちではなかった自分にホットしています

医療機関の診療報酬請求権を債券化した金融商品(レセプト債)の発行元ファンドが破綻したと話題になってます。

 

そうそう、リーマンの時も「債券化」って言葉を耳にしましたっけネ。

 

とっても印象が悪いです。 「債券化」

 

ついでにレセプト債発行元ファンドの2社は、世界的な租税回避地である英領バージン諸島に本店を置いていたみたいです。

 

なんだか、マネーゲーム丸出しの会社って感じです。

ひょっとすると、実態すら無かったのカモ。。。

 

私は、妙な債券に手を出すほど金持ちではなかった自分にホットしています。

人生を見据えた努力と賢い選択

東京にある地域最大手の電力会社。

平成27年9月中間連結決算で経常利益が3,651億円。

関西の同業企業も大幅増益となっていました。

 

経営がマズイ事になれば、国民に不足分の料金を転嫁すれば良いワケですから楽な商売に見えます。

 

でも、そんなコトは最初からわかってコト。

文句を言うくらいなら、頑張らなくても給料がもらえる様に電力会社へ就職すれば良かったのです。

 

次に生まれてきた時は、しっかりと長い人生を見据え、賢い選択をしたいものです。

引き際が肝心

よく耳にしますよね・・・「引き際が肝心」

 

今になって思い返せば2年、いや3年早く気がついて行動(引く)しておれば。。。

今でも大変な後悔をしています。

 

物事の渦中にいると引き際が分からなくなります。

 

とは言え経験したコトを分析すると、ちょっとでも「続けるべきか引くべきか?」と考えた時点で止めるのが賢明。

余力を残しておかないと、再出発もできません。

 

「継続は力なり」なんて言葉もありますが、ソレは少しづつでも上昇しているか、最悪でも横這いである場合のコト。

 

業績が下降線なら、売上不振で赤字になったなら、「継続は破滅なり」です。

 

その後悔から学んだワケではありませんが、私はパッとしない日は早めに仕事を切り上げて帰るコトにします。

あっ、最近不正がバレた世襲議員さん。
今議員をお辞めにならないのは結構ですが、次回の選挙で得票率が減ったら考えた方が良いですよ。

きっとソレが引き際です。

反省すべき結果

今月の1日にブログを更新。

 

そして本日(9月30日)。

このブログ、どなたも楽しみにされていないハズです。

でも更新しないのはマズイ。

 

ホームページは、できるだけ頻繁に更新しなければ、検索サイトの評価が下がるからです。

 

もともとにアクセス数が多いワケでは無いのに、更新をサボったコトでさらにアクセス数が低。 マズイ。

心を入れ替えて、今年の残り2ヶ月を過ごそうと思っています。


褒められて伸びるタイプ

たまに真顔で「ボク、褒められて伸びるタイプなんだ」と自身の性質を訴える人っていますよね。

 

いいのですが、こんなコト言う人が褒められているシーンを見たことがありません。

 

そもそも、褒められて伸びるなんて言いながら褒めて欲しいと言い張る人は、日頃から褒められる要素がナイから褒めらナイのだと思いませんか?

褒められてるなら、褒められたいなんて思わないハズです。

 

こんな人の共通点。

 

「期待を裏切る」または「成果が出てない」⇒「褒められない」

 

では、期待を裏切らない様にするには?

 

努力? 勉強? コミュニケーション? 

いえいえ、その前に考え方を変えなければダメです。

 

期待を裏切る(成果が出ない原因は、そもそも出来も(やりも)しないコトを無責任に「出来る」と宣言したり引き受けたるする事から始まっています。ほとんどの場合。

 

だから、最初は自分ができるコトしか引き受けない様にすれば良いのです。

(それでも成果が出ないなら、何もしていないダケです。できると思った事すら出来ない人です。かなり深刻)

 

まずは出来る事だけを選択して真剣に取り組む。

そして、それに集中して繰り返し行う。

さらに、創意工夫を重ねる。

 

試験だって、全科目100点は困難。

でも1科目や2科目くらいダケに絞って徹底的に頑張れば、その科目は90点以上も望めるワケです。

 

 

以上の事から「褒められて伸びるタイプ」と自己分析する方は、まず"選択と実行と反復と思考"をしてみましょう。2年も行えば、大なり小なり成果は上がり、きっと誰かが少し褒めてくれます。

 

そうです。念願の「褒められる」が手に入るのです!

 

ちなみに私は、褒められると調子に乗ってミスをし、失敗して叱られると凹むタイプです。

私は左脳派らしいデス

私は「左脳」が70%「右脳」が30%で物事を考えるらしいデス。


左脳は論理的な事柄を司る機能。

右脳は感性・感覚を司る機能。


ところが、自分自身では左右いずれも停止していて本能(脳)で動いていると自覚しています。



さて、アナタは「左脳派」それとも「右脳派」


コチラで検証してみては? ⇒ クリック!

注意を怠らない注意

「無料で開運ブレスレットを差し上げます」

 

とある女性の自宅に、こんなダイレクトメールが届きました。

その女性は、何も疑わなかったのでしょう。
早速、申し込みをしたのですが、後日「貴方のお金は汚れている、浄化して返すから送りなさい」とダイレクトメールを配信してきた相手から持ち掛けられました。


そして、1,5000万円を送付。

残念ながら(当然ですが)コレは詐欺だったのです。

騙したのは実態のない寺の名前(豊穣院)で開運相談を装い230人から6,000万円を集めたとされている3人組です。(逮捕されました)

 

人を騙すのは悪いコトです。

 

でも、ナゼこの人は騙されたのでしょう?
ナゼお金を浄化したいと思ったのでしょう?
マフィアでもないのに。

お金をキレイににしたいなら、最寄りの銀行へ行って新札に替えてもらうべきです。

 

また、少し冷静になれば妙な話に気がついたハズですが、信じてしまったのか欲が出たのか、、、
詐欺に騙される人は後を絶ちません。困ったものです。

 

ここで何事にも注意深く、いつも冷静な私個人の話を少し紹介しておきましょう。

 

私は3年前「幸運が舞い込む」と言われて10,000円の印鑑を買いました。

ちゃんと代価を支払い、幸運を得る権利を購入したのです。

必ず当たる宝くじを購入したも同然なワケです。(とても冷静な行動です)

 

そんな私の元に「もう1本印鑑を追加で買うと、幸運が舞い込むタイミングは早くなる」と書かれたDMが届きました。 これはさらに幸運な出来事です! チャンスです!

 

なぜなら、私はまだ幸運が訪れる順番に並んでいる状態。(現状の生活がそれを証明しています)

ところが追加で印鑑を買えば、その順番が早くなると言うではありませんか!

 

こんな情報を知ってしまった私は本当にラッキーです。
印鑑を購入しておいて、本当に良かったと思います。

 

私は、そのDMを手にして以来、1本ではなく2本、いや3本ほどまとめて購入するべきかを、毎晩 冷静さを失わない様にしながら検討しています。(シバシン)


生きてるうちに 伝えておきましょう

私は人生をスタートしてそろそろ50年となります。

 

親や兄弟とはすでに死に別れ、家族と言えば妻だけです。

気楽で良いのですが、たまに自分が死んでしまったトキの事を考えます。

 

心残りは一切無いのですが、葬儀については少し気がかりです。

 

私は、「葬儀は不要、焼くのも手間だろうから、近所の公園に埋めてくれ」と妻に話すのですが、妻は「それじゃ死体遺棄になるからヤダ」と反論してきます。

 

さてさて、生まれてきた以上絶対に訪れる死。
その際に遺族が行う葬儀にも補助金があります。

 

高額ではありませんが、遺族の費用負担を減らすことができます。

 

故人が国民健康保険加入者の場合だけでなく、会社員で協会健保や企業の健康保険に加入していた人であれば、喪主など葬儀を行った人に「葬祭費」が支給される制度です。

 

国民健康保険の場合、金額は地域によって異なりますが、東京23区は一律7万円、その他地域は3万~5万円程度です。故人が会社員などで協会健保や企業の健康保険加入者の場合も概ね同じくらいです。

ただし、いずれも申請をしなければなりません。

 

国民健康保険加入者の場合は市区町村に、協会健保の場合は各都道府県支部に企業の場合は、社内に窓口があるはずです。

 

必要なものは、概ね下記の通りです。

 

(1)故人の保険証

(2)死亡診断書のコピー

(3)葬儀会社の領収書など申請者が喪主だと確認できる書類

(4)印鑑

(5)金融機関の預金通帳あるいは口座番号の控え

 (6) 会社員だった場合は事業主による勤め先の証明

 

※ 地域や制度によって差がありますので事前確認をしてください。

 

葬儀の全国平均は200万円とされています。

補助金額は少ないですが、たとえ3万円でも5万円でも助かりますよね。(シバシン)

語学は堪能な方がいい

小学生の頃お気に入りのトレーナー。

そのトレーナーの胸に書いてあったアルファベット。
後で知ったのですが、家庭菜園の肥料の商品名でした。 (シバシン)

一方の流れが細くなれば おのずと全体の流れは縮小する

私はほぼ毎日、さまざまなお客様のトコに訪問をします。
その際は、用事が済んでもスグに帰社しません。

お隣のビルに行き、今までご訪問をしたコトに無い会社さんへ、ご挨拶にうかがいます。
 

理由は明快。
1社でも多く当機構をご利用いただき、チャンスやメリットを得ていただきたいからです。(本心でありコレが仕事)

 

ただ初回の訪問では、なかなか社長さんやご担当者にお会い出来ません。
私の応対をしてくださる社員さん(パートさん?)の方は、私を「飛び込み営業」の人として見ていらっしゃるからでしょうね。
・・・と言うより、明らかにやってるコトは「飛び込み営業」

アポイント無しなワケですから当然です。

 

そんな私(飛込み営業)を最初に応対してくださる方に、私は訪問の趣旨をガッツリ説明します。

そして、「ぜひお渡しください」と言いながら名刺を手渡して帰るのです。

コレを繰り返していると、だんだん見えてきた(思う?感じる)事が。。。

 

それは、「最初にご応対いただいた方と社長さんはよく似ている」って事です。

 

当然ですが、突然の私の訪問に応対するのは面倒でしょう。

知らないオッサン(私)が、予告無しでやって来る事は、誰にとってもストレスです。

しかし、そのストレスに負けず、気持ちの良い対応をしてくださる方が基本的に大多数です。

日本は良い国です。

そして、そんな会社の社長さんは、ちゃんと敬語を使える常識人です。

 

後日、お会いするとほぼ100%の確率でまともであり、尊敬できる経営者です。
きっと社員さんは、日頃から社長さんを見てるので、それが普通なのでしょう。

 

一方、ストレス満開で煩(わずら)わしそうな表情をして応対されるケースもあります。
この様な会社さんの社長さんにお会いする事は基本的にありません。

窓口の方が100%私の存在を無かった事にされるからです。(多分)

名刺もゴミ箱に直行でしょう。(多分)

社長さんへの取次もなければ、報告もされないワケですから、私が社長さんにお会いする事はありません。

 

でも、稀に煩わしそうな応対の途中、奥からヌボォ~ッと社長さんが出て来るコトがあります。

低い声で「・・・なんやぁ~」不愉快オーラがビンビン私に伝わってます。


きっと、私が説明している内容が奥まで聞こえたのでしょう。
退屈だから見に来たのです。 

 

でも、初対面の人に「なんやぁ~」は ありませんよね。

社長が、こんな風だから、受付の人の態度もよろしくないのでしょう。

 

つまり、、、「最初にご応対いただいた方と社長さんはよく似ている」のです。

 

そして、もう1点発見があります。

社長さんが横柄で偉そうな会社の業績が良かったコトは、今まで一度たりとも遭遇していません。

 

 

あたりまえですが、不愉快な思いする相手に誰も特別な計らいはしません。

出入り業者や仕入先も、気分の悪くなる人に良い条件や得する話、思い切った値引きはしません。


儲けさせてくれるのは、お客様ダケではありません。

商売は入口と出口があるワケですから、どちらか一方の流れが細くなれば、おのずと全体の流れは縮小します。

 

会社が出入り業者や仕入先からどの様に見られているか。

毎日、多くの企業に訪問すれば、最初の応対で会社の内容がわかっちゃうモンなんです。


月給11,220,000円のお仕事

2月24日の読売新聞Web版。

 

「歌舞伎町のキャバクラ 客にトイレ掃除や客引き」

・・・って記事がありました。

 

 

とある男性客が「1時間4,000円」と言われ、店内で焼酎などを

飲んで30分ほどしたら寝てしまったらしいです。

 

約6時間後に目覚めたら、5人の男らに代金510,000円を請求されたとのコト。

 

6時間グッスリって、、、薬でも盛られたのでしょうか?

 

いずれにしても

単純計算で4,000円×6時間で24,000円。

最初の30分の代金を含めても26,000円。

 

510,000円は高すぎ。。。

 

結局「払えないなら、ここで働け」テナことを言われ約13時間拘束。

トイレ掃除や客引きをさせられたらしいデス。

 

コレがバレてキャバクラの従業員(男5人)は逮捕。
労働基準法違反、強制労働容疑らしいです。

 

でも考えてみてください。 コレって悪い話では無いカモです。

 

繰り返しですが、まずキャバクラで飲食したワケですよね。

楽しかったカモですよね。

その後、睡眠させてもらったんですよね。

グッスリ眠って疲れがとれたカモですよね。

ただ、その代価が少々高かったんですよね。

だから払えなかったんですよね。

そしたらトイレ掃除や客引きをさせられたんですよね。

それダケのコトですよね。

 

いいじゃないですか。

いいじゃないですか。

いいじゃないですか。

 

私なんて、自分で会社をやってた頃は、トイレ掃除は私の仕事でした。

トイレ掃除は、キャバクラで遊んだ見返りとか宿泊させてもらった恩義ではなく罰ゲームでもないんですよ。

 

 

私の会社では利益配分を受け取るのは社員が先。(給料ってヤツです)

 

余ればソレが私の給料。

赤字なら私の蓄えを切り崩して給料として、トイレ掃除もしない社員に渡すワケです。

コレ、1回や2回じゃないですよ。

 

それから比べれば、ニュースで被害者の様になっている男性はかなり恵まれてます。

 

だって13時間で510,000円でしょ。 時給はなんと39,230円!

 

時給39,230円なら、法定の8時間を超過してるなんて平気です。 私は。

労働基準法の就業時間なんてクソくらえです。


22日勤務すれば、11,220,000円の給与!!!
夢の様なのです。 毎日、牛丼の特盛りを食べる日々なのです。

 

新宿区歌舞伎町のキャバクラ「クラブセノーテ」って店らしいです。

転職するなら今がチャンスかも。


献金 ちゃぁ~

このサイトの厚生労働や助成金、補助金関連のニュースページでお伝えしております通り、西川農林水産大臣が、国からの補助金を受けた団体と関連のある企業から献金を受けていました。

西川農林水産大臣は、おそらく同じ手法(補助金の口利きなどで見返りをもらう)で、栃木県内の木材加工会社からも300万円の献金を受けていたことが、つい先日バレたばかりです。

これが先生の錬金術なら、手口は中国共産党の幹部にそっくり。
(あくまでも恣意的にやっておられるならデス)


連続2発目はマズイですよねぇ。
だからでしょ、インタビューのトキの注意を拡散するために仕込みましたね。大臣。 
見ましたよぉ大臣。


そう、インタビューのトキ、後方にいた人。
彼は農水省の方? それともSPの方 あるいは劇団の方?

前髪クルリン。 そっちばっかり見てました。


原因を知りたい

先日、こんなニュースがありました。

 

自称調理師の父(64)と無職の息子(32)が親子喧嘩。

帰省していた長女が110番通報。

 

 

親子喧嘩がエスカレート。

 

息子は、石油ストーブの灯油を部屋に撒き散らし、父にも灯油をブッかけて放火殺害しようとしました。

 

これに激高した父が、息子の後頭部を金づちでガンガン複数回殴り殺害しようとしました。

 

父は無傷で、息子は全治約1週間の軽傷。

 

自宅に火を付けようとした息子は、現住建造物等放火未遂の疑いで逮捕。

息子を金づちで殴り殺害しようとした父親は、殺人未遂の疑いで逮捕。

 

2人はいずれも容疑を認め、それぞれ「殺そうと思った」と供述。

 

まるで、激しい寺内貫太郎一家。

 

見習うべきトコはありませんが、供述から本気モードが伺えます。
さすが、親子だと遠慮ナシですね。 (シバシン)


新しい反省スタイル

最近アメリカのアトランタでは「聞き分けの無いイタズラ小僧はオヤジカットで懲らしめる」が広がりつつあります。

丸坊主で反省の時代は終わったのです。

(シバシン) 


観察結果

「週48時間を超えて働く人は、危険な量のアルコールを飲むようになる可能性が高い」との研究結果が、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルで発表されました。

40万人以上を対象とした研究の結果らしいです。

 

この正月、私は30日から4日までの5日間お休みでした。

毎日がアルコール漬けの日々でした。

おそらく「危険な量」を超えてアルコールを摂取したのだと思います。うっすら記憶しています。

 

また、先日は18時半に仕事を終え、まっすぐ呑み屋さんに向かいました。

そして、偶然お会いした自動車整備工場の社長さんと話がはずみ、気がつけな22時すぎまでタップリお酒をいただきました。

 

これらの状況から言えるコトは、「労働時間に関係なく、人は危険な量のアルコールを飲むようになる可能性が高い」です。 ただし、コレは大阪に住む判断力の無い1人のオッサン(私)を対象とした観察結果です。

(シバシン)

 


弟子として認めてもらえるか

昨日、夕方からグッと冷え込みが厳しくなった大阪。

 

すっかり日も暮れた帰宅の途、前方に犬を散歩させる人。

 

ペットを飼う。

 

それは動物に愛情や時間、行動を分け与える行為。

ただしそれらは自分の欲求を満たすもの。

ですから、飼い主にはなんらかの責任が発生するワケです。

 

リードで繋がれた犬は、気になるポントまでダッシュ。

そして、クンクンと匂いを嗅ぐのです。

 

「臭いだろうに、なぜ嗅ぐのいだろう?」

子供の頃からの疑問。今も疑問。未解決な疑問。

 

・・・などと思いながら見ていると、刺激的な匂いの場所を見つけたのでしょうか?

犬は止まって片足を上げマーキングを開始。 放尿です。

 

犬のするコトですし、本能ですから放尿を咎めるモノではありません。

ただ、標的がゴミ袋だった事が気になりました。

 

そのゴミ袋は、翌朝に収集してもらうために道路脇に置かれた袋。

不法投棄されたものではありません。

 

つまり朝には、係の人がこの袋を手で掴んで収集車に詰め込むワケです。

 

素手で行う作業では無いのでしょうが、動物の排泄物が掛けられたモノを触るのはきっと不愉快です。

朝までには乾いてしまうカモですが、この光景を見て私は不愉快でした。

もちろん、犬に対してではなく飼い主に対して。

 

先述しましたが、ペットを飼うと言う事は、責任が発生するコト。

それは動物に対してはもちろん、周囲に対しても同じことです。

 

にもかかわらず、この飼い主は濡れたゴミ袋をそのまま放置。

人間としてダメですネ。

 

 

もし、この件で犬が反省していたり、後悔をしているならそれは素晴らしことです。

立派な犬です。私はその犬を師としてあおいでも良いとくらいに思います。

(犬が私を弟子として認めてくれるのか心配です)

 

話が妙な方向に流れましたが、ダメ人間が犬を飼うコトはやめていただきたいと思ったワケです。

もうすぐ お正月

本日、ベトナムの正月について、ニュースページに記事をアップしました。 (コチラが記事ページへのリンク

 

ベトナムで正月と言えば「テト」。

旧正月です。


中国も、同じくで「春節」と言います。

 

旧暦を見れば、2015年の旧正月は2月の19日。

ベトナム、中国ともに、この日の前後が連休となります。

ユニークなのは、いずれも政府が前年の11月や12月に連休となる日数や日を決めて発表することです。

 

2015年については。。。

 

ベトナムが2月15日(日)から2月23日(月)までの9連休。

中国は2月18日(水)から2月24日(火)で7連休。

 

でも現地の人々、実際はもっと長くお休みモードになります。

 

ベトナムは、1月に入ると祝賀ムード。

仕事もそこそこに、お酒を飲む人が増えます。

 

一方中国は、12月のクリスマスくらいからソワソワする人が増えます。

国土の広い中国では、遠く離れた内陸部から沿岸地域に出稼ぎ労働者(民工)がたくさん来ており、年に1度、家族全員が故郷に戻って団欒を囲む春節は何よりの楽しみ。

冷え込みが厳しくなるクリスマスあたりから、気持ちが高揚するのでしょう。

 

また、旧正月の連休が明けても余韻を引きずってる感じがします。

 

ベトナムの人は、二日酔いが長引いてるから??? (笑)

中国の人は、再び職場に戻るにも、なかなか交通機関の切符が取れないのが原因の様です。

 

この様な状況に、私の友人の中国人がこんなコトを言ってました。

 

「中国はクリスマスから春節明けの10日ほど仕事にならない。長いトキはこの期間が2ヶ月半にもなる。

これじゃ、いつまでたってもヨーロッパやアメリカ、日本に追いつけない」

 

確かに、1年のうち2ヶ月ほど世間の機能が麻痺してしまう状況は考えものですよね。

 

なんて思いながら、自身のコトに目を向けると1年のうち11ヶ月+20日間ほど機能停止だったコトに気が付きました。 実は私、年中 正月だったのです。 トホホ。  (シバシン)

 


アンタだけには言われたくない

格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは日本の政府債務格付けを「Aa3」から「A1」に格下げしました。

 

 

「Aa3」は上から4番目。

「他の上位と比較して長期的なリスクがやや高い」のひとつ下。

 

「A1」は上から5番目。

「将来のある時点において、支払能力に影響を及ぼしうる要因がある」のひとつ上。

 

なんだか抽象的で、参考にもならない表現ですね。

 

しかもムーディーズと言えば、2008年にリーマンが連邦破産法11条(会社更生法に相当)の適用をしたコトを知ってから、慌てて「A2」だった評価を「B3」に変えた前科があります。
実はさっぱりな情報収集力と分析能力。

 

ちなみにリーマンが喰らった「A2」は「A1」のひとつ下で上から6番目。

「B3」は上から16番目。

そして「長期的にみた場合、保険契約債務が期日どおりに支払われる可能性は低い」としています。

 

長期的に見なくっても、連邦破産法11条を申請したら素人が見ても終わりでしょう。

 

ムーディーズさん。

世間が行うアナタの格付け信用ランクは、きっと「C」です。
つまり 「安全性がほとんどない」です。 

だから、アナタにだけはAとかBとかの評価をされたくありません。 (ヤマユウ)


目ぇから血ぃ流して頑張ってます

ちょっとグロイですが、左目が赤くなってます。

 

昨日、総合病院の眼科に行くと、美人の女医さんがご登場。

 

「目の付近を強く打ちましかた?」と女医さんがご質問。

答えは「いいえ」です。 

朝起きたらこんな状態だったからです。

 

診察の結果、原因は老化と過労で毛細血管が切れたとのコト。

2週間くらいで自然治癒するので、特にクスリもナシ。

痛くも痒くもナイので、問題はありません。

 

昨夜、心配してくれていた妻にも、診察結果と女医さんが美人だったコトを報告。

 

でも、”女医さんが美人だった”を強調しすぎたのが悪かったのか、「次は右目やなぁ」と

妻はヒトコト。

 

またあの女医さんに会えるかと思えば、寝ているトキに右目を殴られても良いかなと思いました。


昆虫の誕生は4億7,900万年前

養蜂家の間では、女王バチや幼虫を巣箱に残したまま、働きバチが失踪して戻ってこなくなる「蜂群崩壊症候群(CCD)」が、数年前から問題になっています。

 

原因は、水田のカメムシ防除に有効とされているネオニコチノイド系農薬3種ではないかとされています。

 

私の父は、私が学生の頃に失踪。

きっとネオニコチノイド系農薬が原因だったでしょう。
帰路がわからなくなったのです。

いや、私が父だと思っていた人は、カメムシだったのカモ。

 

ちなみに、今朝のニュースで「昆虫の祖先が誕生したのは今から約4億7,900万年前で、定説より約8,000万年古かったと国際研究チームが発表」とありました。

 

そもそも昆虫の誕生が約4億年前ってコトを知りませんでしかたから、ソレが8,000万年古かったとしても、まったく驚く事も無かった水曜日の朝です。

 

さて、今週も中盤。

最近は株価も上昇ですから、気分を上げてまいりましょう!


根こそぎ 持ち去ります

昨年、某(中国)共産国の国家主席がタンザニアを訪問した際、随行していた政府関係者らが象牙を大量購入していたとCNNが伝えています。

 

買い付けられた象牙は外交封印袋に入れられ、国家主席の乗った航空機で輸送。

密売業者によれば、象牙価格は主席の訪問中のタンザニアにおける象牙密売価格が2倍に上昇したといいます。

 

同国の前主席がタンザニアを訪問した2009年にも、同じようなことが起きていたとのコト。

そして象牙密売業者は「某(中)国の大使館職員は得意先だ」とするの証言しています。

 

タンザニアでは、昨年だけでも1万頭の象が殺されています。

某(中)国の象牙規制は不十分であり、市場の旺盛な需要増に応えるため密猟が続いているのです。

 

もちろん某(中)国おじみの報道官は、キリッとアゴを上げ、眼鏡をキラリとさせながら抑揚のある調子で「根拠がない! 我が国は野生動物の保護を重視しており他国と協力している」と反論されてます。

 

ところで今日の小笠原のサンゴ漁は、いかがだったのでしょう?

200隻を超える船団も、この報道官に言わせれば「根拠がない」らしいですが。。。


ヤル気

ヤル気

こんなニュースを見かけました。

 

『社長が会社の預金を勝手に引き出すなどして、約2,000万円を着服』

 

理由は、「金の使い込みを社員に指摘され、嫌気が差した。だからこの社員と一緒に働く気がなくなり、会社を潰そうと思った」

・・・らしいデス。

 

豪快です。
 

私は使い込みこそしていませんが「働く気がなくなる」瞬間は理解できます。

 

多い日は500回くらい。

少ない日でも498回くらい労働意欲を失います。

 

原因はさまざまですが、概ね環境にあります。

 

春や秋、気候の良い晴れた日は、気持ちがソワソワして仕事が手につきません。

二日酔いの日、雨の日と暑い日や寒い日は、気分がさっぱり前向きになりません。

体調のすぐれない日は、イマイチ意識がハッキリしません。

かと言って、体調の良い日は仕事にゼンゼン身が入りません。

休日は平日に向けて英気を養うコトに全力で取り組んでいますから、これまた働く気になれません。

 

私は、そんな自分に嫌気が差してます。
ただ、こんなコトを会社のブログに書き込むヤル気だけは評価していただきたい。(シバシン)


電車の座席で正面を見たら

護身用

ご存知でしょうか? 
ゴリラは目が合うと 攻撃的になるコトを。

(田舎のヤンキーと同じですね) 

 

そんな危険な状況を作らないために、便利なモノが開発されました。

 

「対ゴリラ用サングラス(bokitokijker)」


オランダの動物園で配布されています。

 

そしてなんと!

このサングラスはPDFファイルで無料配布されています。

 

横断歩道の信号待ち、向こう側にゴリラが!

電車の座席で正面を見たら、たまたまゴリラが!

視線を感じて振り返ってみると、そこにゴリラが!

 

さりげなくポケットから取り出し、サッと着用してください。

あなたは、最悪の状況から脱出するコトが出来るのです。(シバシン)

 

対ゴリラ用サングラス(bokitokijker) → PDFはコチラをクリック 

 


暗闇でセーターを振ると 静電気の閃光が見える

子育ては女性が最適

「女性が もっと社会で活躍すべきだ」

 

安部総理はコレに熱心であり、2014年10月10日「すべての女性が輝く社会づくり本部」を官邸で主催しました。

 

私も、女性が社会出られる事に大賛成です。

 

ただ、女性の中には外で働くコトが苦手だったり、家事や子育などの仕事が大好きで頑張ってる方が大勢おられます。


そんな女性が気後れしてしまう活動や運動にならない様にだけ、配慮をいただきたいと思っています。

 

 

さて、女性の社会参画に大賛成な私ですが、それと同じくらい「子育に限っては女性が良いのではないか」と思っています。

 

その理由を実体験から簡単にご説明すれば、以下の通りです。

 

 

私の母は、私が中学生になった頃、仕事をする様になりました。

それまでは専業主婦。

 

生まれてから12歳くらいになるまでの期間、私は躾だけでなく教育も母中心で面倒を見てもらっていた事になります。 (当時の日本は、このスタイルが一般的と言えば一般的な家庭だったのカモ?)

 

その12年に間で、私は母から大切な事を沢山教えてもらい学びました。

 

母の口癖、「人様に迷惑をかけるな」次に「本を沢山読みなさい」

それと同じくらい覚えているのは「これからの時代、男も料理や洗濯くらいは出来ないとダメ」。

 

ですから、母はキッチンで包丁の使い方や、出汁のとり方を教えてくれました。


他にも、イロイロありましたが、母から学んだ事は多すぎキリがありません。 

全て、今でも役に立つことばかりです。 

 

それに比べて父親はどうだたでしょう?

 

確かに、私が中学校に入学するまでは働いたお金を自宅に入れていましたが、その後は全て自分で使ってしまうバカタレでした。(だから母が働きに出たのです)

 

そのバカタレが私に教えたのは5つダケ。

 

  • 冬、暗闇でセーターを振ると、パチパチと静電気の閃光が見える。
  • ズボンプレッサーを使う時は慎重にしないと、仕上がりがカッコ悪い。
  • 酒をを飲むと嫌なコトを忘れる。忘れられないトキはもっと飲む。
  • タバコは病み付きになるほど魅力的。(私は数年前から禁煙しました)
  • 借金をして、ソレを家族に託して蒸発すると妻と子供に恨まれる。

 

そうなんです。

男はだいたいバカタレで無責任なのです。
こんな輩に子育てさせて良いのでしょうか?
日本が破滅に向かってしまいます。

2014年、女性の社会進出と共に男の子育てが増加。

こんなコトでは、20年後(2034年)、冬になったら暗闇でセーターを振り回し、静電気をパチパチさせるコトに執着する日本人(男ダケ)だらけなる可能性があります。

だから、子育て(人間形成に最も重要な仕事)は、女性にお願いしたいのです。


これじゃ 居眠りも出来ない

忙しい

今週になって、とっても忙しくなりました。

 

原因は明らかです。

 

この春の消費税増税。
そして、予定されているさらなる増税。

輸出をメインとする国内企業に与える円安の影響。
同じく円安によるエネルギー価格の上昇。

選挙制度の民主化を求めるデモで、停滞する香港情勢。

さらに、世界に拡散するイスラム国の脅威。。。

 

 

とは無関係で、

実は、私の容量が少なくて、要領が悪いダケなんです。

これじゃ、居眠りも出来ない。