要求する権利が発生

改正労働契約法により、2013年4月を起点として雇用が5年を経過した人は、事業主に対して無期雇用への転換を要求する権利が付与されるワケで。

 

つまり2018年4月になると、過去5年間以上雇用したアルバイト、パート、有期雇用の非正規社員が無期雇用への転換を希望すれば、これを事業主が了解しなければならないワケで。

 

無期雇用になれば、定年まで雇用を保障しなければならないワケで。

かと言って、2018年の3月になって「アンタ来月からクビ」なんて事をすると、コレはコレで問題になるワケで。

 

なによりも、うっかり忘れていて「社長~、明日からオレ無期雇用ス。アルバイト6年目スから」なんて言われない様にしないとまずいワケで。

 

必要に応じて早めに対策をしないと、後々大変なコトになるかもデスなワケで。