もうすぐ お正月

本日、ベトナムの正月について、ニュースページに記事をアップしました。 (コチラが記事ページへのリンク

 

ベトナムで正月と言えば「テト」。

旧正月です。


中国も、同じくで「春節」と言います。

 

旧暦を見れば、2015年の旧正月は2月の19日。

ベトナム、中国ともに、この日の前後が連休となります。

ユニークなのは、いずれも政府が前年の11月や12月に連休となる日数や日を決めて発表することです。

 

2015年については。。。

 

ベトナムが2月15日(日)から2月23日(月)までの9連休。

中国は2月18日(水)から2月24日(火)で7連休。

 

でも現地の人々、実際はもっと長くお休みモードになります。

 

ベトナムは、1月に入ると祝賀ムード。

仕事もそこそこに、お酒を飲む人が増えます。

 

一方中国は、12月のクリスマスくらいからソワソワする人が増えます。

国土の広い中国では、遠く離れた内陸部から沿岸地域に出稼ぎ労働者(民工)がたくさん来ており、年に1度、家族全員が故郷に戻って団欒を囲む春節は何よりの楽しみ。

冷え込みが厳しくなるクリスマスあたりから、気持ちが高揚するのでしょう。

 

また、旧正月の連休が明けても余韻を引きずってる感じがします。

 

ベトナムの人は、二日酔いが長引いてるから??? (笑)

中国の人は、再び職場に戻るにも、なかなか交通機関の切符が取れないのが原因の様です。

 

この様な状況に、私の友人の中国人がこんなコトを言ってました。

 

「中国はクリスマスから春節明けの10日ほど仕事にならない。長いトキはこの期間が2ヶ月半にもなる。

これじゃ、いつまでたってもヨーロッパやアメリカ、日本に追いつけない」

 

確かに、1年のうち2ヶ月ほど世間の機能が麻痺してしまう状況は考えものですよね。

 

なんて思いながら、自身のコトに目を向けると1年のうち11ヶ月+20日間ほど機能停止だったコトに気が付きました。 実は私、年中 正月だったのです。 トホホ。  (シバシン)