昆虫の誕生は4億7,900万年前

養蜂家の間では、女王バチや幼虫を巣箱に残したまま、働きバチが失踪して戻ってこなくなる「蜂群崩壊症候群(CCD)」が、数年前から問題になっています。

 

原因は、水田のカメムシ防除に有効とされているネオニコチノイド系農薬3種ではないかとされています。

 

私の父は、私が学生の頃に失踪。

きっとネオニコチノイド系農薬が原因だったでしょう。
帰路がわからなくなったのです。

いや、私が父だと思っていた人は、カメムシだったのカモ。

 

ちなみに、今朝のニュースで「昆虫の祖先が誕生したのは今から約4億7,900万年前で、定説より約8,000万年古かったと国際研究チームが発表」とありました。

 

そもそも昆虫の誕生が約4億年前ってコトを知りませんでしかたから、ソレが8,000万年古かったとしても、まったく驚く事も無かった水曜日の朝です。

 

さて、今週も中盤。

最近は株価も上昇ですから、気分を上げてまいりましょう!