暗闇でセーターを振ると 静電気の閃光が見える

子育ては女性が最適

「女性が もっと社会で活躍すべきだ」

 

安部総理はコレに熱心であり、2014年10月10日「すべての女性が輝く社会づくり本部」を官邸で主催しました。

 

私も、女性が社会出られる事に大賛成です。

 

ただ、女性の中には外で働くコトが苦手だったり、家事や子育などの仕事が大好きで頑張ってる方が大勢おられます。


そんな女性が気後れしてしまう活動や運動にならない様にだけ、配慮をいただきたいと思っています。

 

 

さて、女性の社会参画に大賛成な私ですが、それと同じくらい「子育に限っては女性が良いのではないか」と思っています。

 

その理由を実体験から簡単にご説明すれば、以下の通りです。

 

 

私の母は、私が中学生になった頃、仕事をする様になりました。

それまでは専業主婦。

 

生まれてから12歳くらいになるまでの期間、私は躾だけでなく教育も母中心で面倒を見てもらっていた事になります。 (当時の日本は、このスタイルが一般的と言えば一般的な家庭だったのカモ?)

 

その12年に間で、私は母から大切な事を沢山教えてもらい学びました。

 

母の口癖、「人様に迷惑をかけるな」次に「本を沢山読みなさい」

それと同じくらい覚えているのは「これからの時代、男も料理や洗濯くらいは出来ないとダメ」。

 

ですから、母はキッチンで包丁の使い方や、出汁のとり方を教えてくれました。


他にも、イロイロありましたが、母から学んだ事は多すぎキリがありません。 

全て、今でも役に立つことばかりです。 

 

それに比べて父親はどうだたでしょう?

 

確かに、私が中学校に入学するまでは働いたお金を自宅に入れていましたが、その後は全て自分で使ってしまうバカタレでした。(だから母が働きに出たのです)

 

そのバカタレが私に教えたのは5つダケ。

 

  • 冬、暗闇でセーターを振ると、パチパチと静電気の閃光が見える。
  • ズボンプレッサーを使う時は慎重にしないと、仕上がりがカッコ悪い。
  • 酒をを飲むと嫌なコトを忘れる。忘れられないトキはもっと飲む。
  • タバコは病み付きになるほど魅力的。(私は数年前から禁煙しました)
  • 借金をして、ソレを家族に託して蒸発すると妻と子供に恨まれる。

 

そうなんです。

男はだいたいバカタレで無責任なのです。
こんな輩に子育てさせて良いのでしょうか?
日本が破滅に向かってしまいます。

2014年、女性の社会進出と共に男の子育てが増加。

こんなコトでは、20年後(2034年)、冬になったら暗闇でセーターを振り回し、静電気をパチパチさせるコトに執着する日本人(男ダケ)だらけなる可能性があります。

だから、子育て(人間形成に最も重要な仕事)は、女性にお願いしたいのです。