やっちゃうんデスよねぇ。日頃の癖で。

ハンドサイン

当サイトでは助成金ダケでなく外国人にに関するコトもテーマとしてます。

今日はソレにちなんで、『日本では大丈なのに海外ではNGなハンドサイン』の一部をご紹介します。

 

 

まず最初は、「ブイ サイン」

 

手のひらを相手に向けたジャンケンのチョキのハンドサイン。

日本人が最もスナップ撮影で行う仕草ですよね。

コチラを「ピースサイン」と言う人もいますが、正確には「ブイサイン」らしいです。

 

でもコレ、ギリシャでは "くたばれ" を意味します。

笑顔で "くたばれ" トカ言いながら写真撮影されるなんて、日本では高校生ロックバントのお兄ちゃんくらいです。

 

 

次は「ピース サイン」

 

コレは「ブイサイン」の手のひらを自分の方に向けたハンドサイン。

 

アメリカの一部では反戦や平和を現しますが、イギリス、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドでは、相手を侮辱したり威嚇するサインとして使われます。


簡単に言えば、中指を立てるサインと同じ扱いです。

コレをイギリスあたりで笑顔でやっちゃうと、かなり妙な目で見られます。

 

 

続いては「親指を立てるサイン」

 

Facebookの「いいね!」マークです。

ところが、アフガニスタン、イラン、イタリア、ギリシャの一部では、相手を侮辱するサインです。

こちらも中指を立てるサインと同じ。

 

 

「小指を立てるサイン」

 

中国では、無能を意味する侮辱にあたります。

中指を立てる行為とは少し違い、第三者のウワサなどするトキに使用します。

 

 

「OK サイン」

 

日本では、"大丈夫"、"了解" などの意味ですが、フランスではゼロ(無価値・役立たず)を意味します。
それとは別に、トルコ、ブラジル、ベネズエラでは、男女の行為を現しますから、このサインをしながら笑顔の撮影していると、周辺からは "好き者" に見られてると思ってください。

 

 

「ストップ サイン」

 

ジャンケンのパーで、手のひらを相手に向けて "あっ、ストップ!"たまに、やっちゃいますよね。自然に。

コレもギリシャでは侮辱にあたるサインです。

どうやら、犯罪者が手の平に汚物を塗ったことに由来しているらしいデス。

写真撮影では、あまりしないポーズですが、旅行者は気をつけましょう。

 

 

 

「指を交差のサイン」

 

同じ一方の手の人差し指の上に中指を乗せたり、中指の上に人差し指を乗せるサイン。

 

欧米の多くの地域では幸運を祈るときのポーズです。

でも、ベトナムでは卑猥な意味を持ちます。

日本の一部地域では、このサインをして「バァ~リア」なんて言いながら追いかけっこをする子共がいます。

 

 

最後は横綱「コルナ サイン」

 

左右、一方の手の人指し指と小指を立てたサイン。

 

ハワイの挨拶でおなじみ「アロハ」を意味するこちらのハンドサイン。

実はこれも、手のひら側を見せることと手の甲側を見せることでそれぞれ伝わる意図が違います。

手のひら側を見せる場合ハンドサインは『Hang Loose』とよばれ「気楽に行こう」「ありがという」で手の甲側を見せる場合には『Shaka sign』と呼ばれ、「調子はどう?」「頑張ろうね!」といった雰囲気です。

ところが、イタリア、スペイン、ポルトガル、ブラジル、コロンビアなど、地中海諸国では侮辱的な意味を持ちます。笑顔で手元がコルナで撮影していると、周辺からは教養が無く育ちの悪い人だと思われちゃうらしいです。

 

 

てなワケで、海外に行かれる際は、その国の料理や観光地、ブランドショップの知識満載も良いのですが、タブーな言葉や表現、ゼスチャー、ポーズを知っておくのも重要です。