「著作権」は大丈夫なの?

夏の甲子園 決勝戦

いよいよ、今年の夏の高校野球も大詰め。

選手も応援も一生懸命。

 

応援と言えば、高校野球にはブラスバントが付きもの。
炎天下の中で長時間、金管楽器を鳴らすのは相当に体力が必要でしょうね。


さてさて、この応援ブラスバンドですが、今年は早くも大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌なども取り入れており、昔からの定番曲から最新のヒットまで熱演を披露してくれてます。


しかし、これらの曲「著作権」ってどうなってるんでしょう?

 

実は、著作権で保護されている曲でも「営利を目的としない上演等(著作権法38条1項)」にあたるなら自由に演奏ができるというルールがあるのです。

 

詳細を説明すれば、下記の条件を満たす場合は聴衆の前で公然と演奏しても著作権侵害にあたらないというルールなのです。

 

(1)営利を目的としていない

(2)聴衆から料金を受け取らない

(3)演奏について報酬が支払われない

 

でも、ちょっと注意しなければならない点があります。


応援で演奏するのはブラスバンド。
しがたって、曲もソレ用に編曲されています。

 

その場合、非営利目的の演奏でも他人の曲を勝手に編曲して演奏すると、同一性保持権の観点で問題になることがあります。

ですから「ブラスバンド用に編曲された楽譜」を購入し、演奏するのが通常のケースの様です。

 

高校生の応援にも、さまざまな社会のルールがあるのですね。