下請け約29,300社! でも…

助成金で景気をアップ!

帝国データバンクは2014年8月11日、トヨタ自動車の下請け企業の約7割がリーマン・ショック前の売り上げを回復していないとの調査結果を公表しました。


調査対象約29,300社のうち、2007年度と2013年度の売上高が公開されている20,173社について、2007年度と2013年度では70.5%を占める14,232社が、「減収」と回答。

残る29.5%の5,941社は「横ばい」と回答でした。

 

ちなみに20,173社の中の1次下請けは3,199社、2次下請けは16,974社です。
つまり、3次、4次の下請けを合わせれば、かなり企業がリーマンからの回復がなされていない状況となるでしょう。

下請け先企業の所在地は、、、

愛知県 ・・・・・ 20.4%
東京都 ・・・・・ 18.7%
大阪府 ・・・・・ 13.0%
神奈川県・・・・・  5.5%

 

下請け先企業の従業員の多い都道府県は、、、


東京都 ・・・・・ 327,514人
愛知県 ・・・・・ 246,290人
大阪府 ・・・・・ 164,741人

静岡県 ・・・・・  50,800人

福岡県 ・・・・・  28,374人

宮城県 ・・・・・   7,994人

 


事業規模で年間売上10億円未満の企業が全体の7割ほどであり、電気料金や原料価格の上昇で負担増が原因で厳しい経営を強いられている小規模事業者が少なくないと総括しています。

そうそう、「景気が良くなった」とした言葉も耳にしますが、どうもシックリこなかったんですよね。

今回の数値を見ると「やっぱりぃ~」が素直な感想カモ。