やっぱり! 人材過剰

大学の看護学科新設ラッシュ。

看護師が今後急増しています。


ですから将来、病院では深刻な看護師余りが予想されています。

看護学部・学科を設置した看護系大学、1991年は11校。
それが、今や226校に(2014年度)増加しています。

97年度以降、毎年約10校のペースで増加。

23年間で20倍以上。

日本の4年制大学の総数は約770校ですから、実に3.4校に1校が看護系学科を持っている計算です。


入学定員の数は、558人(1991年度)から19,454人(14年度)・・・35倍!

 

もちろん現在における看護師不足は事実。そして深刻です。

2015年時点で看護職員(※)「需要」が約1,501,000人。
それに対し「供給」は約1,486,000人。つまり15,000人不足です。

 

※看護職員:看護師、准看護師、保健師などの総称

 

 

この原因は2006年頃の方針に問題があったからです。

国は「7対1病床」の区分を新設しました。(7人の入院患者に対し看護師1人を配置)

「7対1病床」の目的は、高度な医療と集中看護で、入院日数を縮め医療費を抑えるコトです。

 

これにより、入院基本料が大幅に増額。

それまで最も高かった「10対1病床」の1.2倍となりました。

その結果、2012年度の医療費の総額は過去最高の38兆4千億円。


また、増収をあて込んだ多くの病院が7対1病床に飛びつきました。
だから、病院間で看護師の争奪戦が起き看護師不足したのです。

ただし、今のまま看護師が増加すれば、11年後の2025年には看護師は過剰供給となります。

したがって病院勤務ではなく、訪問看護師の選択を余儀なくされる人が出てきます。

ちなみに「高齢者の介護」のイメージが強い訪問看護師。

現状では、病院看護師と比較すると給与も8割程度となっています。

日本は、少子化や高齢化が避けられない状況。
これから今は見えていないさまざまな問題が浮上します。
看護師の問題は、10年後、20年後をシッカリ考えておかなければならない一例だと思うワケです。

(gooニュース「病院看護師バブルがやってくる 11年後に14万人 だぶつきの衝撃」から引用)