助成金申請後の変更について

助成金は申請よりも受給の手続きの方が大変です。

補助金や助成金って、申請手続を行ってからがスタート。

 

補助金は、審査に合格した当初計画に基づいて、使用したお金の一部が後に支給されるのが一般的。
(もちろん、支給前に資料を提出しなければなりません)

 

助成金は、一定期間の雇用や研修などが終了してから申請を行い、労働局などから直接受け取る事になります。

 

いずれも注意すべき点は、最初の計画や雇用内容が実際に行われた事と異なれば、支給されないケースがあることです。

 

 補助金や助成金申請は、ある意味せっかくのチャンスなのですから、ミスなどでオジャンにするのはもったいない。

 

きちんとフォローしてくれる専門家にお任せいただくコトをオススメしています。