真面目な人がバカを・・・

最低賃金で働く人の手取収入が
            生活保護の受給額を下回る

こんな「逆転現象」が、5都道県で起こっています。

2013年度の最低賃金引き上げで、逆転地域は11都道府県から北海道のみに減りましたが、最新のデータを集計すると東京、宮城、兵庫、広島でも生活保護の水準を下回りました。

 

最低賃金法は、最低賃金が生活保護を下回らないよう配慮することを定めています。しかし実態は・・・


汗だくで働く人が、涼しい場所でゴロゴロしているよりも貧しい。

 


仕事する人には税金と言う罰金。仕事をしていない人には生活保護と言う褒美。

 

日本は妙な国です。