外国人労働者 関連ニュース

超高齢化で人手不足の日本。  海外からの労働者受け入れは必要?不要? 外国人労働者のニュースをお伝えします。


2016.08.31

 

 

大阪府 外国人労働者による家事代行解禁

[2016.08.29 関西テレビ  より引用]

 

大阪府が今年4月、外国人労働者による家事代行サービスを解禁する「特区」に認定されたのをうけ、8月29日、サービスを行う事業者2社が決まりました。

 

政府は、家事を担う人の負担を軽減し、働き方の幅を広げる狙いでこのサービスの活用を考えていて、大阪府は神奈川県に次ぐ2例目として認定されました。

 

事業者2社は、年内に計約10人の外国人労働者を受け入れたいと話しています。


2016.08.23

 

外国人実習生の労基法違反 3,695事業所

[2016.08.17 毎日新聞  より引用]

 

 

厚生労働省は、外国人を技能実習生として受け入れている事業所に対する2015年の監督

指導状況を公表しました。

実習事業を行う5,173事業所に監督指導を実施し、そのうち3,695事業所(前年比718件増)で労働基準法関係法令の違反があったとのことです。

 

なんと違反率は71.4%!

 

 

- 違反内容で多かったもの -

 

・違法な長時間労働:22.6%

・安全基準違反  :20.8%

・残業代などの賃金不払い:15%

・労働条件の明示しない:11.4%

 

 

摘発された中には、賃金台帳を偽造して最低賃金を上回る賃金と残業代を支払っているように見せかけ、実習生5人に約380万円を支払っていなかった被服造事業所もありました。

 

また、月100時間を超える残業をさせたうえ、残業代に法定の割り増し(25%増)を付けず、最低賃金以下の時給500円しか払わなかったケースもあった様です。

 

ちなみに、実習生を雇用している事業主に問題があるのは当然ですが、実習生の制度を仕切っているJITCO( 公益財団法人

国際研修協力機構)も責任追及されるべきだと考えます。


2016.08.02

 

「スーパー玉出」外国人アルバイト 上限時間超え労働で書類送検

[2016.08.01 産経新聞 より引用]

 

 

外国人留学生のアルバイトは、1週間28時間以内と法律で制限されています。

 

ところが、激安スーパーで知られる大阪の「スーパー玉出」の複数店舗が、中国人やベトナム人留学生、男女12人を法定上限時間を超えて働かせるなどしたとして大阪府警外事課は入管難民法違反(不法就労助長)容疑で同社幹部3人、ならびに同社を書類送検しました。

 

法定上限時間を超えた分の報酬については、交通費や食事代に付け替えて支給していたとの事です。


2016.08.02

 

愛知県 技能実習生が殺人未遂 同僚2人を逮捕

[2016.08.01 CBCテレビ より引用]

 

 

愛知県の会社の寮で、技能実習生のベトナム人男性が刃物で刺されケガをする殺人未遂事件がありました。

 

刺されたのは、この寮に住む塗装会社の技能実習生の23歳の男性。

大けがをしていますが命に別条はないということです。

警察は、この寮に住む被害者と同僚のベトナム国籍の2人を殺人未遂容疑で逮捕しました。

 

中国をはじめとする技能実習生による刃物を使った殺傷事件が後を絶えません。

なぜ彼らは、感情的に行動してしまうのでしょうか?