外国人労働者 関連ニュース

超高齢化で人手不足の日本。  海外からの労働者受け入れは必要?不要? 外国人労働者のニュースをお伝えします。


2016.01.15

 

群馬県 大泉町の生活保護 外国人3割 

[2016.01.14 東京新聞TOKYOwebより引用]

 

約41,300人の人口のうち外国人が16%を占める群馬県邑楽郡の大泉町で、生活保護を受給している外国人が3割を超えたことがわかったと東京新聞TOKYOwebが掲載していました。

 

 

[コメント]

 

大泉町の外国人、国別ではブラジル、フィリピン、中国が多いそうです。

 

外国人が生活保護をう受ける理由を「大泉には外国人の生活基盤ができているため日本語が分からないままでも来やすいが、そういう人は雇用が見つからないし解雇されやすいのではないか」と村山俊明町長は

語っています。

 

でも、就労ビザで入国した人は、ビザ更新の時に無職なら帰国させられるはず。

なぜ、この様な事態になっているのか少々不思議です。

 

また、町長は「受給をためらう日本人との考え方の違いもある」と国民性の違いも指摘しています。


2016.01.14

 

悪用口座名義の8割が実習生 不正送金 

[2016.01.05 中日新聞より引用]

 

インターネットバンキングの口座から何者かに多額の金を抜き取られる不正送金事件で、愛知県警が昨年1~11月に送金先として悪用された口座を分析したところ、84%が外国人技能実習生らの名義だったことが分かったと中日新聞が報じていました。

 

 

[コメント]

 

犯行に使われる口座の多くは、実習生が帰国前に自身の給与振り込みなどに使用していた金融機関口座です。
帰国直前に犯罪グループに転売しているとのこと。

犯行に使われた口座の84%が来日した外国人技能実習生のものであり、90%は中国籍の人のものでした。被害額は2億円余となっています。