助成金・補助金 関連ニュース

助成金や補助金は経営を支援してくれる返済不要の資金。 経営者なら見逃す事は出来ないホットな情報もお届けします。


2016.11.07

 

「氷河期世代」正社員化で助成

[2016.11.04 毎日新聞 より引用]

 

 

2015年度の総務省労働力調査では、35~44歳で正社員待遇を求めている完全失業者が、全国に27万人存在したと報告されています。

 

大卒の就職率は、1991年3月では80%超えていました。

ところがバブル崩壊後の2000~2005年の3月卒では60%を割り込んでいまい、現在、この時期に新卒者として就職活動した30歳代後半から40歳代が働き盛りになっています。

 

厚生労働省は来年度、1990年代半~2000年代前半(就職氷河期)に就職できなかった人を正社員として採用した企業に対する助成金制度を創設するとのことです。

 

要件は、「過去10年間で5回以上の失業や転職を経験した35歳以上の非正規社員や現在無職の人を正社員として採用した企業に支給する」としていますが詳細は今後となります。

 

支給額は、大企業で1人当たり年間50万円。中小企業は60万円。

勤務開始から半年後と1年後の計2回に分けて支給となります。

 

 

 

[コメント]

 

本助成金の財源は雇用保険特別会計が想定されています。

17年度予算で約5億円を要求していますが、つまりは約3,600人分。

これを「少ない」と見るのか「多い」と見るのか?

 

これは個人的な予想ですが、この制度の対象は「ハローワークを通じて正社員となった人」と限定される感じがします。

したがいまして、民間の求人情報誌での採用をしてしまうと、対象外になるトラップが仕込まれてそうな気がします。


2016.11.04

 

田舎移住を後押しする「移住者向け制度」

[2016.11.04 週刊女性自身 より引用]

 

 

人・物・金は首都圏に集中する昨今、その反動と超高齢化・人口減少の波を地方自治体はモロに受けています。

 

そんな中、全国の自治体で移住者向けの支援制度が急増していると週刊女性自身が掲載していました。

全国自治体の支援制度数は、2013年度は521事案でしたが2016年度には8,496に拡大。週刊女性自身では、特に“太っ腹”な10の制度をピックアップしています。

 

 

【北海道・八雲町】『200坪の土地がもらえる』

ただし、町内に一親等以内の親族がいない人で床面積60平米以上の新築住宅を建てる事が条件です。

(町が所有する「スロータウン花浦」にある約160~267坪の7区画が対象)

 

【山形県・遊佐町】『350万円かけてリフォームした空き家がある』

350万円かけてリフォームした物件を3万8,000~4万円で賃貸できます。

町内に新築で住宅を建てれば最大100万円の工事費用支援制度も有ります。

 

【石川県・かほく市】『200万円のマイホーム資金がもらえる』

住宅を新築・中古購入した45歳未満の人で、住宅ローンの借り入れをしている人を対象に最大200万円の奨励金が出ます。また、三世代同居の住宅は30万円が加算です。ただし、床面積50平米以上などの条件があります。

 

【和歌山県】『住むだけで250万円がもらえる』

40歳未満で子供が16歳未満の場合、過疎の市町村に10年以上定住を条件に、最大250万円が支給されます。

また、地域資源を活用した起業に最大100万円の支援も有ります。

 

【岡山県・高梁市】『170万円の改修費がもらえる』

空き家を購入した場合には、75万円の購入補助金がもらえます。

また、家財整理に20万円、改修で75万円など最大170万円が支給です。

農業実務研修として、年150万円の研修費の支給も有ります。

 

【島根県】『農業体験で月12万円もらえる』

農業・漁業・林業・伝統工芸・介護などの産業の体験で滞在費用として『ふるさと島根定住財団』から1年間にわたり月12万円が支給されます。子供がいる場合月3万円が加算となります。

 

【山口県・下関市】『住宅を新築すると100万円の補助がある』

市内に住宅を新築・購入する際、市指定の住宅事業者を使用することで官民から最大100万円の助成されます。

市指定の土地の場合、固定資産税などが10年間補助されます。(上限200万円)

 

【佐賀県・鹿島市】『200万円の古民家の改修費がもらえる』

「肥前浜宿」(重要伝統的建造物群保存地区)の空き家に移住し、居住・営業する場合、改装費用を最大200万円の補助となっています。その他の地域の空き家改修でも最大50万円の補助金がもらえます。

 

【長崎県・平戸市】『新規創業で500万円がもらえる』

製造、情報通信業を創業する場合、必要な設備経費(75万円以上)に最大500万円の支援があります。

小売り、宿泊、飲食、サービス業などの創業には最大100万円の補助金が出ます。

 

【鹿児島県・三島村】『仔牛と3年間10万円がもらえる』

引っ越し費用10万円、仔牛または50万円(2人世帯の場合)が支給されます。

さらに、3年間の生活助成金として月10万円(2人世帯)、第1子には2万円、第2子から1万円も加算されます。