助成金・補助金 関連ニュース

助成金や補助金は経営を支援してくれる返済不要の資金。経営者なら見逃す事は出来ない制度です。

この制度に関するホットな情報をお届けします。


2016.06.22

 

政投銀 女性ビジネスプランコンペ結果

[2016.06.22 SankeiBiz より引用]

 

 

日本政策投資銀行が、女性起業家を対象として行こなっているコンペ、「DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」を開催しました。

 

起業大賞には、長時間着ても疲れにくい働く女性向けの洋服を製造販売するkayme(ケイミー・東京都中央区)の代表者女性が選ばれました。

kaymeには1,000万円の事業奨励金が贈られるだけでなく、政投銀が協力企業の発掘などの支援を1年間行ってくれます。

 

今回で5回目となるこのコンペ、応募総数は318件だったとの事です。


2016.06.17

 

日本人の結婚離れが深刻な事態

[2016.06.16 Business Journal より引用]

 

 

少子化の主たる原因である未婚化、晩婚化が日本で進んでいます。

国内の婚姻件数は下記の通り。

 

2000年・・・79万8000件

2010年・・・70万件

2015年・・・63万5000件

 

2010年の国勢調査で25歳~39歳の未婚率が男女ともに上昇。

平均初婚年齢は2013年で男性が30.9歳、助成が29.3歳だった様です。

また、生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合)は、同じく2010年時点で男性が20.1%、女性も10.6%でした。

 

今月、国内で結婚相手紹介サービスを営む主要事業者19社が集まって協議会を設立しました。

 

「一般社団法人 日本結婚相手紹介サービス協議会」

 

加盟企業の2016年1月1日現在の登録人数は30万6509人。

年間成婚者数も年々増加しているとのこと。

 

政策提言には、結婚相手紹介サービスの利用者に対する助成金の支給や、地域住民の結婚相手紹介サービス利用を促進する地方自治体への助成金支給、民間企業への少子化対策としての助成金の支給などが含まれています。


2016.06.17

 

農水省補助金 7千万円詐取容疑で5人逮捕

[2016.06.15 中日新聞CHUNICHIWeb より引用]

 

 

林水産省の農商工連携に関する事業の補助金約7千万円を詐取したとして、埼玉県警が東京都江東区、飲食店経営会社社長(58)、経営コンサルタント(58)ら5人を逮捕しました。

 

逮捕容疑は2011年6~7月、農山漁村の生産者が加工や販売までを担う「6次産業化」を支援する補助金に関し、事業費を水増しした書類を関東農政局に提出して交付申請したとのこと。

 

関東農政局が2013年、容疑者の会社を立ち入り検査して発覚した様です。


2016.06.09

 

流産繰り返す「不育症」 費用助成広がる 

[2016.06.09 日経新聞Web刊 より引用]

 

 

妊娠しても流産や死産を繰り返す「不育症(※)」の治療費助成が広がっています。

 

2016年度、富士市は年度当たりの補助上限額を拡大。

静岡市も今年の5月から検査・治療費の50%を助成する制度を導入。

 

安心して出産できる町として、若年層の人口増加につなげることが出来れば良いですね。

 

※不育症

妊娠ができない「不妊症」とは異なり、妊娠しても流産や死産を繰り返す症状。


2016.06.09

 

「きょうぎん未来基金」5団体に助成金贈呈

[2016.06.08 差が新聞LIVE より引用]

 

 

勉強についていけない、いじめられている、先生が苦手、学校が嫌い、人間関係が上手く出来ない。。。

 

さまざまな原因で不登校生になったりひきこもる子供がいます。

そんな子どもたちの勉強や心のサポートをしてくれるのが「フリースクール」です。

 

佐賀共栄銀行は、フリースクール設立や学習会開催などに取り組む団体を支援するため助成金を実施団体に贈りました。
(5団体に合計で100万円)

 

助成金の原資は2015年11月~2016年2月までの期間趣旨に賛同いただいた人に預金をしていただく「きょうぎん未来基金」の額に一定割合を乗じた金額で算出。その一部が活用されました。



2016.06.09

 

医療費の助成金 仙台市で130人に過払い

[2016.06.08 河北新報ONLINEnews より引用]

 

 

医療費の助成金に関して、電算システムの不具合と事務処理ミスで2007年2月~2016年5月、130人に対して約413万円の過払いがあったと仙台市が公表しました。

 

総額のうち67人の計約86万円分はすでに時効。

残りの63人の計約327万円は返還請求するとの事ですが請求された方は困ります。

 

さらに困った事は、同市が実際には過払いのない市民にも返還請求していた様です。

わざとでは無いにしても、誰かが責任を負うべきでしょうね。


2016.06.08

 

資金は日本商工会議所や兵庫県の助成金申請

[2016.06.08 神戸新聞NEX より引用]

 

 

赤ちゃんの抱っこひもに取り付けるリュックサック「pomochi(ポモチ)」が人気を集めている様です。

 

開発したのは神戸市に住む31歳の女性。

自身の育児経験を生かしたデザインが注目され、2年間で700個を売り上げています。

 

現在は内職工ら5人体制で生産ですが注文をこなすのに手いっぱいとなり、今年5月、実家を作業場に改装。

工業用ミシンも導入し、新たにスタッフを採用する予定です。

 

資金面は日本商工会議所や兵庫県の助成金などに申請し、事業の拡大を目指しています。

 

詳しくは → ココをクリック


2016.06.08

 

雇用調整助成金の要件緩和を要望

[2016.06.08 山陽新聞デジタル より引用]

 

 

三菱自動車の不正問題。

日産自動車の傘下となる事で決着の方向ですが本格的な動きはこれからでしょう。

 

その様な状況の中、岡山県の商工会議所連合会が、県内の三菱自動車取引先や会員企業に調査をした中間結果をまとめました。

中でも気になったのが「現在の問題点」です。(複数回答)

 

1位 受注回復 ・・・ 87社(50.9%)

2位 資金繰り ・・・ 31社(18.1%)

3位 雇用維持 ・・・ 29社(17.0%)

 

深刻だと思います。

これに対して行政などへの要望事項は、34社(32.7%)が雇用調整助成金の要件緩和としていました。

 

三菱自動車からは再開の時期や今後の計画は示されていないらしく取引祭には不安が強まっています。


2016.06.08

 

出資金詐欺 「財団から助成金が出る」 

[2016.06.08 毎日放送 より引用]

 

 

捨てられた動物を一時的に保護する「動物シェルター」の建設話を持ちかけられた男性に対し、堺市に住む女性が準備金として現金180万円を騙し取られたとして大阪府警に刑事告訴しました。

 

男性は日本財団から助成金が出ると話したていたのですが、財団側は

「一切関係はない」としています。


2016.06.07

 

「子育ては親と一緒に」引っ越し費用の一部を助成

[2016.06.07 産経WEST より引用]

 

 

高松市は7月から子育て世帯が親世帯の近くに引っ越す際の転居費用一部を助成するとのことです。

名称は「子育て世代親元近居等支援事業」です。

 

親世帯の育児への協力を促すことで子育て世帯の孤立化を防ぐのが狙いとしていますが、お年寄りも孫が近くに来てくれればきっと喜びますよね。もちろん、親世帯が子育て世帯の近くに引っ越しをする場合も対象となります。

 

残念なのは予算が少ないこと。

ですから県内からの転居が50件、県外からが25件で先着順です。

 

転居前に申請が必要で6月10日から市役所子育て支援課やホームページで配布とのこと。

受付は7月1日から郵送または同課窓口で受け付けます。

 

問い合わせは市子育て支援課(087-839-2354)です。


2016.06.01

 

助成金を詐取容疑 静岡の人材派遣会社代表ら逮捕

[2016.06.01 中日新聞CHUNICHIwebより引用]

 

 

「助成金」は企業を支援する役割のものですが「詐欺」も横行しており、「助成金」に悪いイメージを持たれている方が少なく無い様です。

 

5月31日にも、中小企業向けの国の助成金をだまし取ったとして、静岡地検が神奈川県厚木市の派遣会社経営者(47)を起訴したました。

 

騙し取った助成金は「中小企業緊急雇用安定助成金」です。

当時経営していた会社の従業員11人を一時的に休業させたように装い、助成金を受給していました。

 

「中小企業緊急雇用安定助成金」は、2008年のリーマンショック後から2013年まで設けられたもので、申請企業が殺到した事で審査が甘くなり、在しない架空の社員の休業届を出をするなど悪用する企業が目立っていました。