助成金・補助金・奨励金 関連ニュース

今人気のキャリアアップ助成金をはじめ、経営に役にたつ補助金や奨励金に関するニュースをお知らせします。


2015.11.17


軽減税率の負担緩和でレジ改修に補助金

[2015.11.14 日経新聞Web刊より引用]


経済産業省は2017年4月に導入する消費税の軽減税率をにらみ、レジを改修する小規模な小売業者などに補助金を配る検討に入ったと日経新聞Web刊が報じていました。


商品ごとの税率を見分けられるようにし、消費者が受け取るレシートにも各商品の税率を示して店頭での混乱を防ぐとのことです。


早ければ12月にまとめ、補正予算に盛り込むとのことです。


2015.11.17


「助産師だけでお産」病院に助成金

[2015.11.13 日経新聞Web刊より引用]



厚生労働省は母子ともに健康で困難が伴わない

出産について、産科医なしに助産師だけで

対応できるよう、全国の病院に促すと日経

新聞Web刊が記事にしています。


産科医は人手不足が深刻です。

その負担を軽くする事で高齢出産などリスクが

高い妊婦への対応に専念しやすくする狙いがあり、

助産師を多く配置する病院を補助金などで助成

するとのこと。


2015.11.17


男性の不妊治療に助成金

[2015.11.11 日経新聞Web刊より引用]



厚生労働省が、男性の不妊治療にも助成金を出すことを検討すると日経新聞Web刊は掲載していました。


精子が少ないなどの理由で自然に子どもができにくい男性が治療を受ける際に費用の一部を助成するとのことです。


女性向けの不妊治療費助成も1回目の金額を増や方向で、安倍晋三政権が掲げる「希望出生率1.8」の実現に向け、子どもを産みたい人が産みやすくなるように支援する様です。



2015.11.17


第二新卒の採用に助成金

[2015.11.11 日経新聞Web刊より引用]



日経新聞Web刊は、厚生労働省が大学や高校を卒業後3年以内の第二新卒者や中退者の正社員化を後押しする助成金制度を2016年に設ける動きがあると記事にしています。


新卒採用の対象に新たに第二新卒者らを加えた企業を対象に、1人あたり数十万円を出すとのこと。


大卒で就職後3年以内に離職する人の割合は3割を超えており、政府が掲げた一億総活躍社会に向けて若年層の再挑戦を後押しする狙いとのことです。


2015.11.17


台東区 「ハラール」に助成金

[2015.11.11 TBSnewsi.より引用]



イスラム教徒に対応した食事「ハラール」食を出す飲食店に、東京都台東区が地方自治体として初めて助成金を交付したとTBSnewsi.が報じていました。


イスラム教では豚肉などを食べることが禁止されているほか、調理法にも決まりがあり、「ハラール」の認証を受けた食事以外は口にしないという人がいる一方、日本には認証を受けた食品が少ないためイスラム教を信仰する旅行者には不便な状態です。


台東区は「ハラール」の認証を受けるのにかかる費用の一部を助成することで増加するイスラム教徒

の観光客を呼び込みたい考えとのことです。


ただし、マーク発行団体が乱立(乱立の記事はコチラをクリック)している様なので、申請は慎重に。


2015.11.09


ミニ保育所に補助金 厚労省

[2015.11.01 日本経済新聞Web刊より引用]



厚生労働省が、少子化対策の一環として保育所の新設を支援すると日本経済新聞Web刊は掲載していました。


10人程度の少人数の子どもを預かる「ミニ保育所」の建設に補助金を支給。

また、企業が会社の敷地内などで運営する「企業内保育所」への支援も広げるとのことです。