特定求職者雇用開発助成金 (特定就職困難者雇用開発助成金)


平成28年4月1日から、制度変更が行われました。

【内容】
高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部を助成。

また、試行雇用から長期雇用へへつなげる道を広げるため、トライアル雇用により雇い入れた対象労働者を、トライアル雇用期間終了後も、引き続き、継続して雇用する労働者として雇用する場合、特定求職者雇用開発助成金の一部(第2期支給対象期分)を受給することができます。

 


【要件】

  • ハローワークなどの紹介により雇い入れること。
  • 雇用保険一般被保険者として雇い入れること。
  • 対象労働者の年齢が65歳以上に達するまで継続して雇用し、かつ、当該雇用期間が継続して2年以上であること。

 

【平成28年4月より「トライアル雇用奨励金」との併用が出来る様になりました】

  • トライアル雇用奨励金と特定求職者雇用開発助成金に共通する対象労働者であること。(※1)
  • トライアル雇用期間終了後、引き続き、継続して雇用する労働者として雇用することが確実であること。(※2)
  • 対象労働者の雇入れ時点において、トライアル雇用奨励金と特定求職者雇用開発助成金それぞれの支給要件を
  • 満たしていること。(※3)

 (※1) 母子家庭の母等、父子家庭の父及び中国残留邦人等永住帰国者が該当します。
 (※2)対象労働者の年齢が65歳以上まで継続雇用し、かつ当該雇用期間が継続して2年以上であることをいいます。
 (※3)特定求職者雇用開発助成金の支給要件のうち、「継続して雇用する労働者として雇用すること」については、
     トライアル雇用期間 終了後の雇用契約の内容で判断します。

   
 [重要] 給付される金額は、15万円+「下記給付額」ではなく、15万円+30万円となります。 

 

 

 

【給付額】
 

◆通常時間の労働をする者◆ 

 

高年齢者(60歳以上65歳未満)、母子家庭の母等 

60万円/1名 (トライアル雇用奨励金との併用ではない場合 

 

身体・知的障害者(重度障害者等を除く)

120万円/1名 トライアル雇用奨励金との併用ではない場合 

 

重度障害者等(重度障害者、45歳以上障害者、精神障害者)

240万円/1名 

 

 

◆短時間の労働(※)をする者◆ 

 

高年齢者(60歳以上65歳未満)、母子家庭の母等

40万円/1名 トライアル雇用奨励金との併用ではない場合 

 

障害者

80万円/1名 トライアル雇用奨励金との併用ではない場合 

 
※ 上記以外にも、複数の要件があります。申請・受給時には、事前のご確認が必要です。

 

 

 

【ご注意】

  • 支給申請日において、過去2年間を超える労働保険料滞納や3年以内に助成金の不正受給がある場合は不支給
  • 企業規模によって給付額や期間が変わります。事前にご確認ください。
  • 採用された労働者は、他の助成金との重複申請が不可となるケースがあります。

 

※「短時間の労働」
1週間の堂々時間が20時間以上30時間未満。

 

 


キャリアアップ助成金 大阪 丁寧 人材育成支援機構 !
「ウチは助成金の活用ができるかな?」 簡単なチェックで簡易診断いたします。 もちろん無料!
キャリア形成促進助成金 大阪 人材育成支援機構が安心!
得する話しは仲間で共有! まずは知ってください! もちろん無料!!