キャリアアップ助成金 (平成29年4月から新しい内容になりました)


【内容】 


本助成金は次の7つのコースに分かれています。

1. 正社員化コース

  ・有期や無期契約労働者を正規雇用労働者に転換し、直接雇用した場合に助成。

 

2. 人材育成コース

  ・有期契約労働者にさまざまな訓練を行った場合に助成。
 

3. 賃金規程等改定コース
  ・有期契約労働者の基本給賃金規定を増額改定した場合
に助成。  

 

4. 健康診断制度コース
  ・有期契約労働者を対象に法定健康診断制度を新たに規程・実施した場合
に助成。

 

5. 賃金規定等共通化コース
  ・有期契約労働者と正規雇用労働者との共通諸手当制度を
新たに規程・適応した場合に助成。

 

6. 選択的適応拡大導入時処遇改善コース
  ・社会保険適用となる有期契約労働者の賃金引上を実施した
場合に助成。

 

7. 短時間労働者労働時間延長コース
  ・有期契約労働者の週所定労働時間を5時間以上延長し、社会保険を適応した場合
に助成。


1. 正社員化コース

【要件】

 

1. 対象労働者

  • 有期契約労働者として雇用されていた通算雇用期間が6か月以上の労働者。
  • 無期雇用労働者として雇用されていた通算雇用期間が6か月以上の労働者。
  • 派遣期間が6か月以上の派遣場所で就業している派遣労働者。
  • 有期実習型訓練を修了したの労働者。

 

2. キャリアアップ管理者の配置・キャリアアップ計画の認定

  • ガイドラインに沿って、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置。
  • 「キャリアアップ計画」を作成し、労働局長の認定を受ける。

 

3. 正規雇用等への転換等の実施

「キャリアアップ計画」に基づき、対象労働者に対する次ののすべてを満たす措置を実。

  • 対象労働者の種類ごとに次の1~3のいずれかの措置を、制度として労働協約または就業規則に定めること。
  1. 有期契約労働者を正規雇用または無期雇用に転換すること。
  2. 無期雇用労働者を正規雇用に転換すること。
  3. 派遣労働者を正規雇用または無期雇用として直接雇用すること。
  • 1~3の制度の適用後6か月を経過したこと。
  • 適用者に対して6か月分の満額賃金を支払ったこと。
  • 支給申請日において1~3の制度を継続していること。
  • 無期雇用に転換または直接雇用した場合は、適用者の基本給が、制度の適用となる前と比べて5%以上昇給していること


※ 上記以外にも複数の要件があります。申請・受給時には、事前のご確認が必要です。

 

 

 

【給付額】

 

  ① 有期から正規への転換 570,000円/人〈3年前比6%以上生産性向上事業主:720,000円/人〉
  ② 有期から無期への転換 285,000円/人〈3年前比6%以上生産性向上事業主:360,000円/人〉
  ③ 無期から正規への転換 285,000円/人〈3年前比6%以上生産性向上事業主:360,000円/人〉
    

    ※ 派遣労働者(6ヶ月以上継続採用)を正規雇用で直接雇用する場合は285,000円加算

 

【ご注意】

  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの転換に適応。
  • 1年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日)1事業所あたり15人まで。(無期雇用への転換等は10人まで)
  • 事業者の規模によって給付額が変わります。

正社員化コース以外のコースについては、別途お問合せをお願いします。

大阪でキャリアアップ助成金と言えば人材育成支援機構で決まり!
「ウチは助成金の活用ができるかな?」 簡単なチェックで簡易診断いたします。 もちろん無料!
キャリア形成促進助成金だって人材育成支援機構が安心!
得する話しは仲間で共有! まずは知ってください! もちろん無料!!