助成金について知ってください。

◆ 助成金の目的は?

助成金とは、雇用の安定や失業を未然に防ぐために企業(店舗)の経営を支援する事が目的とされています。

また、労働者の能力開発、職場の環境改善する事にも役立っています。

◆ 助成金の窓口は?

厚生労働省所轄の助成金は、主として地域のハローワークが窓口を行っています。

地域によっては助成金専門の事務センターや労働局助成金センターが窓口となっています。
これらの窓口に行けば、誰にでも助成金の内容や手続きについて問い合わせは可能で、相談にものってくれます。

 

ところが長時間待たされたり、労働基準法を全て理解している前提で専門用語を交えた解説ですので、まずは理解が大変。

さらに、助成金ならではの細かいルールや規程、要件についても勉強いただく必要があります。

 

経営者の方々は税については税理士さんに、病気については医師に相談されます。

助成金についても同じで、専門の事業者や助成金に精通した社会保険労務士にご相談いただくのが最善策です。
当機構では、専属社労士や税理士、弁護士が御社をバックアップ。 顧問契約・顧問料などは不要です。

レタスが食べたいとき、皆さんはどうされますか?
畑に種を撒いて水を与え、育ててから食べるのは格別です。

でも私なら八百屋さんやスーパーに行きます。 だって、美味しいレタスが簡単に手に入りますから。

◆ どんな企業(店舗)が活用しているの?

登記されている法人から、商店街でお店をだされておられる店主さんまで、幅広く助成金は活用されています。

雇用保険に加入している従業員がおられれば事業規模は問われません。

ただし、社会保険加入が必要な事業主の場合社会保険加入が条件となります。

◆ 手続きは難しい?

助成金には、期間が限定されているものや、制度内容の変更が実施・予定されているものもありますので注意が必要です。そして、ほとんどの人が「面倒」「難しい」「複雑」と感じます。
事業主さんや社員さんが手続きや申請するのも良いのですが、生産性の高い人が助成金手続きに時間を割くのはナンセンス。
ここはプロに任せて適正な助成を受け取るのが得策だと考えます。最悪の場合、
支給段階で失格なんて事もありますから専門家を上手に使いましょう。

◆ 人材育成支援機構の役割は?

専属の担当者や社会労務士が助成金の申請から支給までをしっかりとフォローします。
特に大阪府(大阪市)のお客様対応は充実していますので、ぜひご相談ください。
もちろん、ご相談に費用はかかりません。


キャリアアップ助成金を含め、さまざまな助成金を調べましょう
「ウチは助成金の活用ができるかな?」 簡単なチェックで簡易診断いたします。 もちろん無料!
有益な助成金情報は多くの人で共有しましょう
得する話しは仲間で共有! まずは知ってください! もちろん無料!!